MSN ニュース

MSN ニュース のフィード を購読
MSN ニュースは、人気メディアの速報、最新ニュース、話題のニュースを配信。キーワードを登録して好みのニュースを自動収集するマイ・ニュース機能も提供。
更新: 59分 41秒 前

独の人気スーパー 米進出に向け準備

2017-03-04 02:00:41
ドイツの人気ディスカウントスーパー「リドル(Lidl)」が、アメリカへの進出準備を進めている。 2018年中頃までにアメリカ東海岸に100店舗を展開する計画で、その手始めとして今夏、20店舗をバージニア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州にオープンする。 リドルは現時点でヨーロッパ諸国27か国で1万店舗を展開。Business Insiderが入手した資料によると、アメリカでは最終的に600店舗体制を目指している。 リドルはプレゼン資料で、自身をノースカロライナ州を本拠地とする食品スーパーであるトレーダー・ジョーズ(Trader Joe's)とハリス・チーター(Harris Teeter)を合わせたような店舗だと説明した。 同じくドイツを拠点とするディスカウントストアのアルディー(Aldi)とリドルは海外で混同されがちだが、アメリカではアルディと差別化を図ろうとしている。 リドルは「調査の結果、米国の消費者は安売り食料品が好きではないことが明らかになった。リドルはアルディと違い、量よりも質を追求する店を目指す」としている。 リドルの店舗が建設されているメリーランド州の住民向け資料によると、店舗ではワインやコーヒーなど地元で生産された商品を中心に取り扱うという。 また、リドルの米国での店舗面積は、アルディーの店舗の約2倍の3万〜3万6000平方フィート(約2787~約3344平方メートル)になる見込みで、平均約7万7000平方フィート(約7153平方メートル)のクローガ—(Kroger)のような一般的なスーパーマーケットよりも小さい。 リドル米国本部は、バージニア州アーリントンに置かれ、メリーランド州セシル郡、ノースカロライナ州メバネ、バージニア州フレデリックスバーグに倉庫が建設されている。 リドルとアルディはこの数年、イギリスで急速に拡大し、大手を巻き込んで価格競争を引き起こした。 市場調査会社カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)によると、リドルとアルディの直近四半期の売上高はそれぞれ7.5%と12%増えた。 一方で、英国の4大スーパーマーケットチェーンの売上高は微増か減少した。テスコは1.3%、モリソンズは1.2%増加し、アスダとセインズベリーはそれぞれ2.4%、0.1%減少した。 リドルとアルディは、イギリスの4大スーパーマーケットチェーンから客を奪い、ここ数年で市場シェアを拡大​​しきた。 一般的なスーパーマーケットは1つの商品で複数のブランドを取り扱うが、リドルとアルディは、プライベートブランド中心の品揃えとすることで、価格を低く抑えている。 また、リドルの商品のほとんどは配送資材上に表示され、商品の補充が迅速に行えるようになっている。そのため、売り場のスタッフを減らすことができる。 顧客へはマイバックの持参を呼びかけ、コストを削減する。 食料品に加えて、リドルでは家電製品や家具も販売している。2014年8月に発売した女性服のコレクションは、15ポンド(約2100円)のフェイクレザージャケットやシフォンブラウスを取りそろえ、最初の3日間で完売した。 その後、同社は男性用コレクション、ハンドバッグのライン、フィットネスブランドを立ち上げた。 一方で、リドルのライバルのアルディーは米国で1600店舗以上を展開し、数年以内にさらに600店舗を増やそうとしている。リドルが追いつくにはさらなる努力が必要だ。 原文[A German grocery chain with the power to cripple Aldi, Whole Foods, and Trader Joe's is about to invade America] (翻訳:堀口)
カテゴリー: ニュース

ガジェット界の復刻ブームに落胆

2017-03-04 02:00:41
もっと前を向いてほしい…。 毎年スペインのバルセロナで開催されるMWC(Mobile World Congress)は、スマートフォンを中心に、数々のモバイルガジェット新製品の発表の場として賑わってきました。もちろん、今年のMWC 2017も、それなりの盛り上がりを見せはしましたが、なんだか昔懐かしいモデルのリバイバルブームだったような気もします。Nokiaブランドで「Nokia 3310」の元祖携帯電話がよみがえったり、BlackBerryブランドからハードウェアキーボードを搭載する「BlackBerry KEYone」がアナウンスされたり~。でも、これってどうなのよ? いつも辛口批評の米Gizmodo編集部より、テック業界のノスタルジーなトレンドについて、Christina Warrenさんのコラムが出ていますので、目を通してみましょう。大きな話題にはなったものの、なにか物足りないものを感じた理由がわかったような気がします。やっぱりITメーカーは決め手不足なんでしょうかね? * * * まず初めに断っておきたいのですが、私はレトロなガジェットの大ファンです。昨年のマイブームは、任天堂のファミコンクラシックミニこと「NES Classic Edition」でした。でも、だからって、Nokia 3310にカラー液晶ディスプレイやカメラを搭載して復活させたり、まるで「BlackBerry 9900」を思い出させるBlackBerry KEYoneが出ても、まったく気持ちは高ぶりませんでしたね。 ノスタルジーに哀愁だけを誘って、ガジェット界にブランドを復活させることは、個人的には大反対です。昔懐かしいゲームを格安でプレイできるようにするのと、10年前に人気だったブランドコンセプトで、最新のスマートフォン業界に殴り込みをかけるのは、決して同じと考えるべきではありません。 ・これは終わりの始まり…? BlackBerryの最新モデル「KEYone」に失望の声も ガジェット界のノスタルジーは、イノベーションの欠落以外の何物でもないでしょう。わざわざ550ドルも出して、ただハードウェアキーボードとBlackBerryブランドのセキュリティがあるというだけで、いったいだれがミドルレンジのスペックしかないAndroidスマートフォンを買いたいと思うのでしょう? まだiPhoneに乗り換えられないBlackBerryユーザーが、たくさん世の中にはいると信じているのでしょうか? それはひとえにBlackBerryブランドを買い取ったTCL Communicationが、なんの革新的なアイディアも持ち合わせていなかったことの裏返しでしかないでしょうね。 この戦略は失敗に終わるしかないことは、当のBlackBerryが、2年前にAndroidスマートフォンを出してもダメだったことで証明されていたはずです。もう人々はハードウェアキーボードを必要としなくなってしまいました。カメラアプリで写真を撮るとき、わざわざハードウェアのシャッターボタンを押すより、タッチスクリーンのシャッターをタッチするほうがいいと気づいたのと同じで、キーボードもソフトウェアキーボードでよくなってしまったのです。 BlackBerryブランドが、昔のデザインにこだわるだけを意味するのなら、TCL Communicationに未来はないでしょう。Palmブランドを買い取ったものの、結局はなにもできなかったときと、TCL Communicationは同じ道をたどってしまうのかも…。 ・世界最古レベルの携帯電話「Nokia 3310」がまさかの復活、発売へ 2017年版としてよみがえったNokia 3310にいたっては、もっと悲惨でしょう。いまだに2.5Gの携帯電話を最新モデルとして買いたいユーザーを狙ったですって? だから安くで昔にヒットした携帯電話を、再びNokiaブランドで出すとはいうものの、こうした電気の供給さえおぼつかないマーケットでも、Nokia 3310より安くで、いろんな携帯電話やスマートフォンすら手に入る時代になってしまっているのです。 いま世界の多くの人々が期待しているのは、Microsoftに買収されて以来、スマートフォンはWindows PhoneばかりになってしまっていたNokiaが、いよいよAndroidスマホに本気で取り組んで帰ってきてくれる~ということ。その最新モデルを見てみたい気持ちでいっぱいでしょうけど、まったく期待しないほうがいいでしょうね。Nokia 3310をはじめ、Nokiaブランドを買い取ったHMD Globalから発表されたモデルは、いずれも新興国のローエンドユーザー向けのエントリーモデルばかりですから。ハードウェアとしては優れていた「Lumia 800」のAndroidスマホ版を目にすることは、きっとないのでしょう。 Nokiaは、かつてイノベーションのお手本だった時代もありました。iPhoneがコピー&ペーストすらできず、動画撮影にも対応していなかった頃から、早々と両機能を実装したスマートフォンを発売していたのはNokiaです。でも、2017年のいまは、過去を懐かしむノスタルジーなモデルしか出せなくなっているとしたら、やはり悲しいことですよね。 思えば、こうしたアプローチで復活を目指したものの、ほとんど効果がなかった企業も多々あります。ソニーは、iPodに奪われたウォークマン(Walkman)の市場とブランドをよみがえらせようと、何年も苦闘してきたものの、この分野で再び日の目を見ることはありませんでした。あのポラロイドカメラのPolaroidが、CES 2017で、復活ブランドのAndroidタブレットやVRヘッドセットを披露したのを、成功と評せる人なんていないでしょうから~。 いまやスマートフォン業界が、ある意味でイノベーションの限界に達して、なかなか革新的なモデルやデザインを発表できないのは事実かもしれません。 でも、皆が本当に望んでいるのは、だからといって10年前のレトロな製品に戻るのではなく、すばらしい次世代のスマートフォンの登場です。そういう観点からは、残念ながら、今年のMWCは寂しい盛り上がりでした。 top image by Christof Koepsel/Getty Images Christina Warren - Gizmodo US[原文] (湯木進悟)
カテゴリー: ニュース

松田美由紀、龍平の離婚報道語らず

2017-03-04 02:00:41
女優の松田美由紀(55)が4日、都内で行われたミュージカル『コメディ・トゥナイト!ローマで起こったおかしな出来事江戸版』公開舞台けいこ後の囲み取材に出席。長男で俳優の松田龍平(33)が、妻で女優の太田莉菜(29)と現在別居中で離婚する意向であると一部週刊誌で報じられた件について質問を受けるも、一礼だけして無言のまま立ち去った。 先月23日発売の『女性セブン』では、2人が昨年夏ごろから別居状態にあり、近く離婚する意向であると報道。松田の所属事務所は同日、ORICONNEWSの取材に対し「本人から別居の報告を受けています」とコメントしたが、離婚協議については把握していないとし「本人にゆだねています」と回答。太田の所属事務所は「プライベートのことは本人に任せています」と回答していた。 この日の囲み取材で、お歯黒までつけた渾身のメイク姿で登場した松田は「すごく怖い役なんですけど、けいこ中は(演出の)宮本亜門さんに怒られてばかりで、小さくなっています。頑張ります」と冗談交じりにポツリ。去り際に、報道陣から「3月は別れの季節ですが、息子さんは別れに向かっていますか?」「一言お願いします」などと矢継ぎ早に質問されるも、何も語らず笑顔で一礼してその場をあとにした。 ...
カテゴリー: ニュース

脳梗塞から帰還 ラモス氏の闘病生活

2017-03-04 02:00:41
昨年末に脳梗塞を起こし、入院していたサッカー元日本代表MFラモス瑠偉氏が2日、都内で復帰会見を行った。2016年12月29日の朝に救急搬送され、脳梗塞が判明。入院、リハビリ、そして退院して会見を迎えるまでの63日間、魂の男はどんな日々を過ごしていたのだろうか。 照れくさそうに会見場に登場したラモス氏は「心配かけて済みませんでした。何よりも早くこういう元気な姿を見せたかった。この通り元気です…
カテゴリー: ニュース

DMM偽メール、被害総額1億9100万円に

2017-03-04 00:54:17
動画配信サービス「DMM.com」をかたってSMS(ショートメール)を送り付け、情報サイト利用料名目で金銭を請求されるなどした相談が全国各地の消費生活センターに寄せられ、1年間の被害が総額約1億9100万円に上ることが、消費者庁の調べで分かった。 実在する「DMM.com」とは無関係の偽業者の仕業で、「DMMをかたる偽業者の摘発後も被害は後を絶たない」(同庁)。複数の犯行グループが手を替え品を替え犯行に及んでいるとみられ、事態はイタチごっこの様相を呈している。...
カテゴリー: ニュース

無免許運転で新聞記者を書類送検

2017-03-04 00:54:17
朝日新聞金沢総局の20代の男性記者が無免許で車を運転し、石川県警が道交法違反(無免許運転)容疑で書類送検していたことが4日、分かった。運転免許証が失効した状態で運転を続けていたという。 県警などによると、男性は昨年夏ごろ、金沢市内で右折禁止道路を曲がった際、警察官に摘発された。 朝日新聞大阪本社代・・・
カテゴリー: ニュース

香港「雨傘運動」の意外なその後とは

2017-03-04 00:54:17
2014年、香港の中心部がテントに占拠された「雨傘運動」を覚えている人は多いだろう。「学民の女神」と呼ばれた周庭は、20歳になった。彼女が語る「雨傘運動」は一過性の政治運動で終わっていなかった。 香港の「雨傘運動」のその後をご存じだろうか。2014年、香港中心部を市民たちが3カ月ちかく占拠した大規模な民主化運動で、警官隊の催涙弾に群衆がカラフルな雨傘で防戦する光景に、世界が注視した。 写真家・藤原新也もあの現場に立った一人だ。以来、「学民の女神」と呼ばれた周庭(アグネス・チョウ)との交流も続いている。昨年12月末、筆者、藤原、周庭は1年ぶりに新宿・大久保で再会した。 そもそも藤原はなぜ雨傘運動に興味をもったのだろうか。今更ながらそう聞くと、彼は「僕が初めて香港に行った1970年代半ばとは真逆だからだよ」と言う。40年ほど前、多くの若者に影響を与えたデビュー作『印度放浪』を発表した後、彼は香港を皮切りにアジアの旅に出たという。 「日本は政治の季節だったのに、香港の若者は驚くほど政治には無関心だった。話すのは、金儲けのことばかり。世界一のノンポリに思えたくらいで、中心軸のないぶらぶらした若者が多いように見えた。それが突然、今になって逆の事態が起きて、何なんだろうと思ってね。それでカメラを担いで出かけたんだよ」 話を聞いていた周庭が首を傾げた。 「香港はずっと政治問題があって、昔から民主派の政治運動は続いていましたよ」 日本のアニメを見まくって日本語を覚えた彼女は、96年生まれで、「90后」と呼ばれる新世代である。物心ついたとき、香港は中国に返還されていた。彼女が言う「民主派」は、89年の天安門事件以降に起きている北京政府への批判である。それが突如として大きな運動になったのは、「香港人」としてのアイデンティティを揺さぶられる事態が起きたからだ。 「私はオタクの中学生だったんですよ」。そう笑う彼女が、中高生による政治団体「学民思潮」に入ったのは2012年、15歳のとき。香港行政府が導入を試みた「愛国教育」がきっかけである。 「『中国国旗を見るときには涙ぐまなければいけない』など、中国本土なみの愛国教育が盛り込まれた国民教育法に、学民思潮は反対していました。それまで政治にはまったく関心がなかったのですが、フェイスブックで学民思潮を知り、参加したのです」 やがて彼女は壇上に上がりMCとして活躍する。9万人が参加する反対デモに発展し、国民教育法は撤回に追い込まれた。この活動が、のちの14年、普通選挙を求める大規模な「雨傘運動」に進展する。 「世界中の報道陣が集まったけれど、歯ブラシの束を撮ったのは僕だけだと思うよ」と藤原が笑うように、実は雨傘運動は日本人が想像する政治運動とはかなり異なる。語弊があるかもしれないが、「面白い」のだ。 学生たちに警官隊の催涙弾が打ち込まれると、テレビやネットでその模様を見た市民が続々と地下鉄で集まって学生の支援にまわり、一緒にテントで生活を始めた。歯ブラシの束はテントに寝泊まりをしていた市民が出勤前に使っていたものだ。 「市庁舎の女子トイレは歯ブラシだけじゃなくて、ヘアケア用品やハンドクリームもたくさん置かれて、私の部屋より贅沢でした」と、周も笑う。テントから出勤するOLも多かったのだ。藤原もこんなことを言う。 「日本の学生運動は男ばかりになっていったけれど、雨傘運動は男女半々。女性がいると、雰囲気が柔らかくなっていくんだよ」。テントには「自修室」と書かれた学生たちの勉強の場があり、教会もあれば、植え込みでは畑が耕された。香港返還時に中国が約束した「高度な自治」が、皮肉にも普通選挙を求める運動の場で繰り広げられたのだ。 あれから2年。運動は形を変えている。昨年、香港の国会にあたる立法会選挙に向けて、周たちは政党「香港衆志」を結成。被選挙権が21歳であるため、周庭や盟友の黄之鋒は出馬できない。そこで仲間である学生の羅冠聰を擁立した。 「事前調査では当選は難しいとされて、選挙戦の序盤は苦戦しました。しかし、最後の3日間で巻き返すように挽回していったんです」(周庭) 連日、周庭は街頭に立って、支持を訴えた。そして9月、羅冠聰は大逆転の当選を勝ち得たのだ。 若者たちの運動が社会全体を巻き込み、さらにそれを持続させている要因は、ネットを駆使しているのかと推測したが、必ずしもそうではない。メンバーたちの意思疎通は、対面による会話と何時間にも及ぶ議論である。周は、「メンバーとの会議こそ、勉強の場でした。毎日、新しい課題をみんなで考えるのです」と話し、こう言うのだ。 「だって、ネットで調べても、答えは出ないじゃないですか」 直接対面の議論を重視するのは、別の事情もある。 「私のGメールは、『国家級の攻撃を受けています』と警報が来たこともあります。電話の盗聴も当たり前に行われています。だから、重要な会議では携帯、スマホの持ち込みは禁止でやっています」 親中派市民からの誹謗中傷もあるが、周庭は「私は全然気にしませんよ」と笑う。一方、現在、立法会は中国政府からの圧力で、大混乱が続いている。 「羅冠聰は司法審査にかけられて、議員資格を失うかもしれないという状況にいます」と、周は言う。民主派は重要議決に拒否権が発動できる3分の1の議席を超えている。しかし、周庭たちの運動を「甘い」と見る過激な「独立派」が登場していることを、中国政府の全人代常務委員会が問題視。数人の民主派議員の議会での宣誓を槍玉に挙げて、二人の議員資格を剥奪した。 だが、周は、「香港人」であることを強調して、「香港人の未来は香港人で決めたい。だから、あきらめません」と、ひるむ様子がない。 「私はこれからも夢とか理想とか子供っぽいことを大事にして運動を続けたい。社会運動は理想的なものだから、変なルールには縛られたくないんです」 一緒に大久保の街を歩き、携帯ショップに貼られたポスターを見て、「やばい!(俳優の)佐藤健だ、やばいやばい」と騒ぐ姿は、日本にいる女子と何ら変わりはない。 今回、周は日本の大学での講演など、各地の若者たちとの交流で来日した。長年、日本の若者を撮り続けてきた藤原に、周が「日本の若者は?」と聞くと、「そうねえ」と藤原は考える。若者たちの姿から社会を見てきた彼は新しい世代に期待を寄せつつも、「疲れているよね」と言った。 「日本語で同調圧力という言葉がある。何にでも気をつかわなければならないんだよ」 空気を読む、というやつだ。周はピンと来ていない様子だった。大久保駅の前で藤原は彼女の肩を叩き、「じゃあ、またね」と別れた。残った彼女は再び「香港人」の未来を語り続ける。雨傘は閉じても、若者たちは確実に社会を動かしている─。 藤原新也◎1944年、福岡生まれ。写真家、作家。78年木村伊兵衛賞、82年毎日芸術賞受賞。『印度放浪』『東京漂流』『渋谷』など著書多数。最新作は父性を描いた小説『大鮃(おひょう)』(三五館)。
カテゴリー: ニュース

中国が驚く、日本人が老後も働く理由

2017-03-04 00:54:17
日本人の勤勉さはよく知られているが、退職後も働き続ける高齢者の存在は中国人にとって驚きのようだ。日本の高齢者は退職して年金をもらいながら、なぜ仕事を続けるのだろうか。中国メディアの広聞網は1日、その理由には特殊な日本文化が関係しているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
カテゴリー: ニュース

中国国防予算、初の1兆元超の大台に

2017-03-04 00:54:17
【北京時事】中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)の傅瑩報道官は4日午前、北京で記者会見し、今年の国防予算の伸び率について「7%前後になる」と明らかにした。これで今年の国防予算は初めて1兆元(約16兆5500億円)の大台に乗ることが確実になった。 具体的な額は5日に開幕する全人代で公表される。昨年の国防予算は前年実績比7.6%増の9543億5400万元(約15兆8000億円)だった。これに基づき計算すると、今年の国防予算は1兆200億元程度になる。 中国の国防予算は1989年以降、2010年を除いて2桁増だったが、経済成長の鈍化により昨年は6年ぶりの1桁増にとどまった。傅氏は、今年の国防予算は国内総生産(GDP)の1.3%前後だと語った。 伸びが鈍化しているとはいえ、日本の17年度の防衛予算案5兆1251億円と比べ、3倍以上の水準だ。また、中国の国防費の内訳は明らかにされていない。兵器の研究開発などの費用は国防予算から除外されているとされており、実質的には公表されている額の2~3倍に上るとの見方もある。 ...
カテゴリー: ニュース

ソフト路線に転換か、小池氏の戦略

2017-03-04 00:54:17
東京都の小池百合子知事のメディア戦略に変化が生じている。豊洲問題をめぐる石原慎太郎元知事の記者会見を控えた3日朝はNHKの情報番組「あさイチ」に生出演。政策などの硬い話より失敗談などソフト路線を強調した。民放のバラエティー番組にも登場する予定で、夏の都議選に向け「親しみやすさ」をアピールする狙いがあるようだ。 小池氏は「あさイチ」で約1時間にわたり失恋や留学時代の思い出などに関するトークを展開。放送後は視聴者からさまざまな反応が見られた。ツイッターでは「ファンになった」との感想があった一方、「パフォーマンスファーストだ」と「都民ファースト」を揶揄(やゆ)する声もあった。...
カテゴリー: ニュース

カルビー 47都道府県ポテチを発売へ

2017-03-04 00:54:17
カルビーが、47都道府県別に味を変えたポテトチップスを売り出す。これまでも食品メーカーが定番商品の地域限定版を出す例はあったが、お土産用が主流。カルビーはむしろ消費者の「地元愛」をくすぐって販売増につなげる作戦だ。
カテゴリー: ニュース

元KAT-TUN田口、卒業後初の公の場

2017-03-04 00:54:17
昨年3月末に人気グループ、KAT-TUNを脱退し、ジャニーズ事務所を退所した田口淳之介(31)が4日、神戸市で行われた「神戸コレクション2017」にシークレットゲストとして登場した。田口がKAT-TUN卒業後、公の場に姿を見せたのは初めて。 サプライズで登場し、モデルとしてランウェイをかっ歩した。突然の登場に、場内に悲鳴のような大歓声が沸き起こり、田口は手を挙げて応えた。 田口は昨年3…
カテゴリー: ニュース

伊報道 本田の来季米国移籍を断言

2017-03-04 00:54:17
ミランの10番は来季からアメリカへ?退団は確実で、MLS行きもほぼ確実と伝えられている。
カテゴリー: ニュース

全国初、広島で廃止路線が一部復活

2017-03-03 23:52:14
JR西日本は4日、広島市内を走る可部線を延伸し、新たに可部―あき亀山間(1.6キロ)の営業運転を開始した。この区間は利用者の減少で2003年に廃止された可部―三段峡(広島県安芸太田町)間46.2キロの一部。いったん廃止されたJRの路線が復活したのは全国で初めて。 延伸区間の可部駅の北西部は、もともと市街化が進み、人口も増加傾向にあった地域。JR西と広島市は13年、沿線住民の強い意向を受け、廃止路線の一部を復活させる形で延伸することで合意した。 延伸の事業費は約27億円。市は地域公共交通活性化・再生法に基づく国の補助制度を活用し、線路や駅舎を整備してきた。 延伸区間は単線で、河戸帆待川とあき亀山の2駅を新設。JR西は上りと下りを合わせて1日に99本を運行し、あき亀山―広島間を最短39分で結ぶ。1日の乗降客数は河戸帆待川で1800人、あき亀山で2200人と見込んでいる。 4日午前、開業記念式典が行われたあき亀山駅では喜びの声があふれた。近くに住む上森博之さん(73)は「全国の過疎化している地域にとっても意味がある」と歓迎。中学1年の中岡祥生さん(13)は「カープ観戦でぜひ可部線を利用したい」と笑顔を見せた。 ...
カテゴリー: ニュース

杉並、中野で連続放火の男を再逮捕

2017-03-03 23:52:14
東京・杉並区や中野区で放火をした疑いで逮捕・起訴された吉田靖隆容疑者が、去年9月、東京・文京区のビルの外階段でゴミ袋やゴミ箱にライターで火を付けたとして再逮捕された。「イライラしていてストレス解消したかった」とおおむね容疑を認めている。
カテゴリー: ニュース

不当解雇を金銭で解決する新制度へ

2017-03-03 23:52:14
厚生労働省は3日、不当と判断された解雇について職場復帰ではなく、金銭で解決する新しい制度の案を明らかにした。労働者側が申し立てる案に加え、企業側が金銭解決を望んだ場合も示した。ただ、解雇を助長するとして労働者側の反対意見もあり、調整は難航しそうだ。有識者検討会の中で報告書をまとめた後、労働政策審議会の議論を経て法制化につなげる。 解雇などの労働紛争を解決する手段としては現在、民事訴訟や簡易な手続きの労働審判などがある。しかし、裁判で不当な解雇と認められても会社に復帰しにくい人も多いため、代わりに金銭を受け取れるようにして労働者側を救済するのが新制度の仕組みだ。裁判で不当とされた解雇は平成25年には約200件に上っており、16年の調査では4割が職場復帰しなかった。...
カテゴリー: ニュース

シリア和平協議 大きな進展なく終了

2017-03-03 23:52:14
スイス・ジュネーブで開かれていた国連主導のシリア和平協議は3日、アサド政権側と反体制派が今後話し合う和平に向けた議題について確認し、今会期を終えた。和平に向けての大きな進展はなかった。和平協議は月内にも再開される。
カテゴリー: ニュース

フジの新クイズ番組、MCにカトパン

2017-03-03 23:52:14
昨年2度スペシャル番組として放送されたクイズ番組『最上級のひらめき人間を目指せ!クイズ!金の正解!銀の正解!』がレギュラー番組として4月からゴールデンで放送される。
カテゴリー: ニュース

ページ