南出喜久治

南出喜久治 のフィード を購読
國體護持塾 公式ホームページの更新情報です。
更新: 40分 43秒 前

連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)「第八十二回 日本とハワイ」

2017-09-01 00:37:27
アメリカの むごいしうちに アロハオエ なみだでうたふ リリウオカラニ
(亜米利加の惨い仕打ちにアロハオエ涙で歌ふリリウオカラニ)

 陸地の総面積は四国ほどであるが、その海域を含めばその2倍近いハワイ(Hawaii、布哇)は、昔は独立したハワイ王国であつたものの、今は、アメリカ合衆国の第50番目の州となつてゐる。
 そして、我が国でも、日本がアメリカの第51番目の州になつてはどうかといふ議論が敗戦時からあり、最近でも丸山和也参議院議員の不用意な発言があつたりしたが、この議論は、様々な理由から、日米双方に支障があるため今の時点では全く現実味がない。

 なぜなら、それが実現すれば、日本人はそのほぼ全員が異教徒の日系アメリカ人となり、合衆国における日系人の人口比率がハワイとは比較にならないほど劇的に増加して合衆国の政局に大きな影響が出てくる。
 それだけではない。これまでは、アメリカは、政治的にも経済的にも日本を「属国」にしてきたのに、それが、他の州と同格となつて「本国」に昇格させることになることを望んではゐない。・・・

つづきはこちらです:-
http://kokutaigoji.com/suggest02/sg_saishi02_h290901.html

連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)「第八十回 中江藤樹」

2017-07-31 22:24:30
いたましき あまたのひとを たすけゝる さかしらひとの おやはいかにか
(痛ましき 數多の人を 助けゝる 賢しら人の 祖は如何にか)

 この和歌は、「祭祀の道」第25回の「祭祀と孝養(平成23年1月3日)」の冒頭に掲げたもので、ここには、次のやうなことを書いてゐました。


 また、世界の人々は、世界における聖人や偉人、賢人とされる人々について、結果や成果のすばらしさだけを評価し、そのすばらしい結果や成果を生んだのであれば、その過程において親や家族を捨てても許されるとする傾向があります。「結果オーライ」といふ結果主義、成果主義による評価です。否、それ以上に、親や家族を捨ててでも、世界の為に生涯を捧げるのであればたとへ結果や成果が残せない場合でも努力自体がすばらしいことだとするのです。
 例を挙げると切りがありませんが、キリストも釈迦も、マザー・テレサも野口英世も、みんな親を捨て家族を捨て結果や成果を出しました。少なくとも親とは隔絶した生活をしてゐます。これらの人は、確かに悟りを開き、多くの人を救ひ、偉大な功績を残し立身出世したから良かつたですが、誰彼でも成功するとは限りません。何万分の一、何億分の一の確率でしか成功しないのです。ところが、その功名に刺激されて、これらの人々の後に続かうとして、その何万倍、何億倍の人が、出家したり、奉仕や研究、事業などに没頭して、親を捨て家族を捨ててゐるのです。・・・

つづきはこちらです:-
http://kokutaigoji.com/suggest02/sg_saishi02_h290801.html

連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)「第七十八回 立憲主義」

2017-06-30 22:51:43
せりあひて あげつらふのを さけぬるは そとづらまもる おびえしえせと
(競り合ひて論ふのを避けぬるは外面守る怯えし似非人)

 安保法制が問題となつたころから、やたらと立憲主義といふ言葉が使はれるやうになつた。

 政治の世界でも野党がしきりにこれを言ひ出したことに連動して、朝日新聞が今年の元旦に「試される民主主義」といふ記事を出して、これまでの民主主義一点張りの主張から立憲主義の主張へとシフトしてきたのである。

 立憲主義は多義的である。しかし、最大公約数としては、立憲制度(立憲制)といふ統治制度に基づいて政治を行ふことであるから、少なくとも、憲法を破壊したり、憲法に基づかない「革命」や「征服」(デベラチオ)による変革を認めない立場なのである。

 つまり、立憲主義を唱へる者は、革命ないしは征服によつて生まれた占領憲法の統治を全否定しなければならないのであるが、占領憲法を憲法として認める者が立憲主義を主張するのは、噴飯ものと言はなければならない。
・・・

つづきはこちらです:-
http://kokutaigoji.com/suggest02/sg_saishi02_h290701.html