ニュース

自分の名書き忘れ 魔の3回生失態

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
1日の衆院本会議で行われた首相指名選挙で、自民党の渡辺孝一衆院議員が投じた1票が無効となった。衆院事務局によると、投票用紙に自身の氏名を書き忘れ、無効となった。渡辺氏らは不祥事が続発した平成24年初当選の「魔の2回生」と呼ばれ、渡辺氏は今回3回連続で比例北海道の名簿上位で当選していた。 本会議では議長指名選挙でも無効票が1票あった。無効票は「大島」としか書かれておらず、希望の党の大島敦幹事長ら複数の「大島」姓の議員がいたため慣例で無効となった。...
カテゴリー: ニュース

クルーズ船で金密輸、中国人4人起訴

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
大型クルーズ船で金の延べ板(金地金)計約27キロ(約1億2000万円相当)を密輸したとして、那覇地検は1日、乗組員を含む中国人の男女4人(22~30歳)を関税法違反、消費税法違反などで起訴したことを明らかにした。 起訴状などによると、男2人は乗組員の男女2人と共謀。10月上旬、中国・香港から那覇行きの大型クルーズ船に金地金27キロを持ち込み、乗組員の体にコルセットなどで隠して税関検査場を通過させ、密輸したとされる。地検は認否を明らかにしていない。 沖縄地区税関の情報を基に、那…
カテゴリー: ニュース

正恩氏祝辞、習主席が異例の返礼

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
[ソウル 2日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は、中国共産党新指導部の発足にあたり祝辞を送った北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に返したメッセージで、中朝関係の発展を望むと述べた。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。KCNAによると、習主席は1日付のメッセージで「新たな状況の下、中国が北朝鮮とともに持続可能で健全かつ安定的な発展に向けた両党間および両国間の関係促進に努め、地域の平和と安定の維持と共通の繁栄に貢献することを望む」と述べた。金委員長は中国共産党大会が閉幕した先週、二期目の指導部を発足させた習主席に「成功を祈る」と祝意を伝えた。中朝間では慣例的な外交文書のやりとりのほか、政治的な節目に祝辞を送ることはあるが、今回のように指導者が個人的なメッセージを交わすのは異例。
カテゴリー: ニュース

カタルーニャ前首相、出頭命令を拒否

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
[マドリード 1日 ロイター] - スペインの高等裁判所がプチデモン前カタルーニャ自治州首相に対して証言のために出頭を求めたが、プチデモン氏は滞在先のベルギーから証言する意向だ。プチデモン氏の弁護士、ポール・ベカルト氏が明らかにした。出頭しなかった場合、逮捕状が発行される可能性がある。逮捕状が発行されればプチデモン氏は中央政府による12月21日の州議会選挙に立候補できない。ベカルト氏は、プチデモン氏に対する逮捕状は今のところ出ていないと述べた。カタルーニャ自治州議会は10月27日、独立宣言決議を賛成多数で可決。数時間後に中央政府のラホイ首相はプチデモン氏と州幹部らを解任した。州議会の本会議では、独立反対派議員の大半が投票前に議場を退席していた。またスペイン司法当局は独立宣言を違法とみなしている。プチデモン氏と州の元幹部らは週末にベルギーへ渡り、弁護士を雇った。スペインの高等裁判所はプチデモン氏と13人の元幹部に対し、反逆と治安妨害、背任容疑で出頭命令を出した。スペインの裁判所で2日と3日に証言するための召喚だ。証言後裁判官は、召喚された14人が捜査まで拘束されるべきかどうかを判断する。数年間かかることもあり、裁判となる可能性もある。ベカルト氏は「プチデモン氏はマドリードへ行かない。彼がベルギーにいる状態で尋問することを提案する。それは可能だ」とし、国外で証言することを承認する法規定があると述べた。
カテゴリー: ニュース

テスラ量産目標後退、過去最大の赤字

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
[サンフランシスコ 1日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)は1日、新型セダン「モデル3」の量産目標を約3カ月遅らせると明らかにした。また、生産遅延につながる問題をいつまでに解決できるかは不透明との見方を示した。この日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、純損益が6億1940万ドルの赤字となった。赤字額は過去最大。決算発表を受け、時間外取引で株価は約5%下落した。モデル3の生産目標については、今年12月に週5000台としていた計画を2018年第1・四半期の後半に遅らせた。ネバダ州にある大規模工場のバッテリーモジュール組み立て工程が主因という。同社のマスク最高経営責任者(CEO)は、数週間前には落ち込んでいたものの、やるべきことが明確になったため今は楽観的だと発言。計画より数カ月長くかかるが、課題には取り組んでいると述べた。第3・四半期の生産台数は260台のみ。当初計画では1500台超だった。モデル3の生産遅延は、販売先送りでキャッシュ流出に拍車がかかる恐れがあることを意味する。生産遅延や中国での新工場計画、トラックなどの新車開発を考慮すると、新たな資金需要に直面する可能性もある。ただ、マスク氏は中国での設備投資について、2019年まで大規模なものは計画していないと述べた上で、中国工場では現地市場向けに少なくとも年数十万台の生産を想定していると語った。テスラは第4・四半期に約10億ドルの設備投資を計画しており、モデル3の生産遅延を受けて資金は十分にあるという。第3・四半期と合わせた下期の投資額は、8月に示した20億ドル規模となる見込み。9月30日時点の手元流動性は、第2・四半期の30億4000万ドルから35億3000万ドルに増加。ただ、8月には社債発行で18億ドルを調達している。マスクCEOが主張するバッテリー生産や直販などの垂直統合で、テスラではさらにキャッシュが必要となってくる。専門家は、このことが来年までに年間50万台とした果敢な生産目標に届きそうもない理由の1つだと指摘する。第3・四半期決算は純損失が1株当たり3.70ドル。前年同期は2190万ドル(1株当たり0.14ドル)の利益を計上していた。一時項目を除く1株損益は2.92ドルの損失だった。売上高は30%増の29億8000万ドルだった。また、利益率が低いモデル3の出荷で、第4・四半期には調整後の粗利益率が約15%に低下するものの、来年第1・四半期には回復するとの見通しも示した。*内容を追加しました。
カテゴリー: ニュース

国内たばこ販売、JTが見込引き下げ

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
[東京 1日 ロイター] - JT (2914.T)は1日、2017年12月期(IFRS、国際会計基準)の連結営業収益を上方修正した。為替を見直したほか、ロイヤリティ収入が増加した医薬事業が寄与する。ただ、すう勢減が想定より拡大した国内たばこの販売数量見込みは、引き下げた。連結営業収益は2兆1250億円から2兆1300億円(前年比0.6%減)へと引き上げた。一方、営業利益は5650億円(同4.8%減)で据え置いた。為替のプラス影響があるものの、海外たばこ事業で買収に関連した費用を計上した。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト20人の営業利益予測の平均値は5759億円となっている。国内たばこ事業では、通期の紙巻きたばこの販売見込みを10億本下方修正し920億本(前年比13.4%減)とした。宮崎秀樹副社長は、10億本の下方修正について「1―6月期にはすう勢減を3%くらいとみていたが、4%前後くらいまで拡大するだろうという見込みに基づいている」と説明した。受動喫煙防止や増税などが取り沙汰されたことも影響している可能性がある。フィリップ・モリス(PM.N)の「アイコス」やJTの「プルーム・テック」、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)(BATS.L)の「グロー」といった製品が競合している「たばこベイパー(蒸気)」市場。8月には、2017年年間でだいたい総市場の12%程度、年末で18%程度との見方を示していたが「9月末で14%程度と、ほぼほぼ今までの見込み通りに推移している」という。(浦中大我 清水律子)
カテゴリー: ニュース

ヤマハ急落、想定外の未達決算で

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
ヤマハ<7951>は大幅反落。前日に第2四半期決算を発表、7-9月期営業利益は124億円で前年同期比4%減益、会社計画149億円を下振れて着地したほか、市場予想も30億円程度下回った。通期予想は500億円で2ケタ増益予想を据え置いているが、市場予想は会社計画を超過する水準であったため、失望感が強まる状況に。7-9月期の業績下振れは一過性の要因が中心ではあるが、期待値と比べて未達幅は...
カテゴリー: ニュース

アンダーアーマー株、暴落も強気の声

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
10月30日(現地時間)に期待外れの通期の見通しを発表した後、アンダーアーマーの株価は17%急落した。 同社の株価は、史上最高値を付けた2015年9月から75%その値を下げた。 投資銀行ジェフリーズ(Jefferies)は、限定的な競合、優位な立ち位置、グローバルでのビジネスチャンスは全てアンダーアーマーの未来にとって、追い風になると述べた。 アンダーアーマーの最新の株価はこちら。 アンダーアーマーが第3四半期の決算発表で示した通期の見通しが期待外れに終わり、同社の株価は10月31日(現地時間)、17.7%急落した。 史上最高値を付けた2015年9月からは、75%以上その値を下げているが、このアナリストはアンダーアーマーの未来に強気の見通しを持っている。 「じっくりと考えてみよう」投資銀行ジェフリーズのアナリスト、ランダル・コニック(Randal Konik)氏は、クライアントに向けたメモの中で述べた。「(これは)周期的な問題で、長期的な問題ではない」 コニック氏は、アンダーアーマーの株価の低迷は一時的なものであり、じきに回復するだろうと主張している。同氏は2017年3月、アンダーアーマーの最新スニーカー「カリー4(Curry 4)」に対する期待と、同社が抱える比較的少ない在庫を理由に、その格付けを「買い」に格上げしていた。その後、株価は31%近く下落しているが、コニック氏はその見通しを変えていない。 「早いだけで、何も間違っていない」とコニック氏は言う。 主なライバルであるアディダスやナイキ同様、アンダーアーマーは今まさに起きている、小売業界の崩壊の渦中にある。だが、好運なことに、アンダーアーマーは店舗在庫が少ないため、実店舗からオンラインへ業態を転換するには最も良いポジションにいる。 加えて、アンダーアーマーの現在のビジネスの大部分、約80%がアメリカ国内での売り上げだ。これは、同社の成長には大きな伸びしろがあることを示すものだと、コニック氏は指摘する。ナイキやアディダスは既に海外事業を強化していて、今後、顧客層を大幅に増加させることは難しいと言う。 今回の決算発表を受けて、コニック氏はアンダーアーマーの目標価格を28ドルから24ドルに引き下げたが、その格付けは「買い」のままだ。 コニック氏は言う。「長期的な収益増加の機会は多く、その利益も過去と同等のレベルまで回復するだろう。ただ、我々が考えていたよりも、時間がかかっている」 [原文:Under Armour has crashed 75% from its highs - here's the bull case (UAA, UA)] (翻訳:まいるす・ゑびす)
カテゴリー: ニュース

神戸鋼不正「タカタ破綻を想起」

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
神戸製鋼所の「不正発覚」が止まらない。大規模なリコールや訴訟に発展する恐れがあり、経営問題に発展するのは必至だ。ジャーナリストの鎌田正文氏は「対応が後手後手だ。エアバッグ大手・タカタの経営破綻を想起させられる」という。神戸製鋼も同じ道を歩むのだろうか。その経営体力を緊急分析する――。 長期間の「品質偽装」はなぜ見過ごされたのか 「信頼される技術、製品、サービスを提供する」 神戸製鋼所が、持続的発展を目指して17年度に改めて策定した行動指針、3つの約束のひとつである。 アルミ・銅製品や鉄鋼製品など納入品の品質検査データ改ざんが次々と明らかになってきた今となっては、ホームページにあるような「本件不適切行為に関するお詫び」といった、神戸製鋼1社の謝罪だけで済む話ではない。たとえば問題製品を出荷した子会社のコベルコマテリアル銅管は、非鉄金属国内最大手の三菱マテリアルとの合弁運営だったのだ。 疑惑の目は日本の製造業全体に向けられつつある。日本の信用を傷付けかねない深刻な問題といっていいだろう。 神戸製鋼は、新しい製鉄法(新還元溶解製鉄法)を商品化したり、これまでにない方式を採用して短期間での高炉改修を実現したりするなど、技術開発力には定評があると思われていた。それだけにギャップは大きい。 自動車のボンネットなどに使用されるアルミ板については、国内の自動車メーカーが安全を確認しつつあるものの、一部製品については強度不足などが判明。日本工業規格(JIS)の認証取り消し問題まで事態は進んでいる。顧客離れなど経営問題に直結するのは避けられない。 刑事捜査に発展する可能性もある。航空機製造の米ボーイングなど納入先は米国企業にも及んでいるため、すでに米司法当局から関係書類の提出を求められている。米国の基準で“クロ”と認定され、司法取引による制裁金が科されるリスクはゼロではない。 事業の多角化で成長を目指すはずだった 納入先や株主などからの賠償請求も必至だ。エアバッグ大手のタカタは、リコール問題でおよそ1兆7000億円の負債を抱え、17年6月に経営破綻した。組織ぐるみの不正隠しや後手後手の対応、取引先からの巨額の賠償請求などは、タカタの事例を思い起こされる。 また本来は関係のないところにも悪影響が及んでいる。神戸製鋼は国内トップレベルのラグビー部がある。この問題が長引けば、部の存続にかかわるような事態にも発展しかねない。そうなれば2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップにも影響が及ぶ。 また1990年から毎年開催していた「神鋼かこがわフェスティバル」は、今年は中止になった。このイベントは加古川製鉄所構内や、隣接する陸上競技場・野球場・体育館等を会場として、「地域のお祭り」として定着していたもので、16年には約8万人が来場した。楽しみにしていた子供たちも多かったはずだ。 データ改ざん問題が起きる前、神戸製鋼の経営体力はどうだったのだろうか。2017年3月期決算は、売上高1兆6958億円、当期純利益は230億円の赤字だった。 過去5期で最終赤字が3回あるように赤字傾向にあるが、キャッシュ創出額(5期平均の営業キャッシュフロー)は1264億円と、投資出金額(5期平均の投資キャッシュフロー)の1003億円を上回っており、キャッシュベース経営としては、特段な問題点はなかった。 その他の主要科目は、出資比率に応じて取り込む関連会社の利益は18億円の黒字。売却可能な有価証券は455億円。マンション販売やビル賃貸などを手がける不動産の子会社を抱えているが、帳簿上の土地価額は1956億円。これまでの利益の蓄積を示す利益剰余金は3316億円である。 株価上昇による売却益獲得といった純投資を目的としない、いわゆる持ち合い株は、トヨタ自動車や新日鉄住金など240銘柄、帳簿価額は1144億円である。 一方で、今回の問題が明らかになる直前に三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が、保有する神戸製鋼株の一部を売却している。今後は持ち合いで保有している神戸製鋼株を売却する動きが出てくる ことが予想される。 神戸製鋼の株式を所有している主な企業の代表は、大株主として名を連ねている新日鉄住金、日本生命、みずほ銀行だ。それに三菱マテリアル、大同特殊鋼、丸一鋼管、淀川製鋼所、関西電力、電源開発なども所有。ゼネコンの大林組、鹿島、西松建設の3社はいずれも、簿価が10億円台に相当する122~185万株を所有している。 利子をつけて返済しなければならない有利子負債は7969億円。主な借入先は日本政策投資銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行などで、そのほか取引銀行が設定している融資枠の残りとして約1240億円ある。 神戸製鋼は以前から新日鉄住金とは資本業務関係にある。ただし、12年10月に新日本製鉄と住友金属工業が経営統合、新日鉄住金としてスタートするにあたっては、独自路線を歩むことを選択。事業の多角化で企業の継続成長を目指す、とした経緯がある。 事実、赤字に陥りやすい鉄鋼事業や建設機械事業を、アルミ・銅、電力事業でカバー。とくに、自動車用アルミ材は、軽量化を進める自動車メーカーがボンネットやドアに採用を増やす傾向にあり、神戸製鋼の業績アップに貢献すると期待されていた。 不正発覚で業界再編、事業のバラ売りも 「鉄とアルミ」――自動車の向けの鋼材やアルミ製品の両方を手がける企業は世界でただ1社、神戸製鋼に限られる。半面、それぞれの事業規模となると、ライバル企業に劣る。 神戸製鋼の鉄鋼事業の売上規模は6000億円弱。4兆円強の新日鉄住金や約1兆5000億円のJFEホールディングス(HD)には遠く及ばない。鉄鋼業の指標である粗鋼生産量でも、新日鉄住金とJFEHDとは大差がついている。 鉄鋼メーカーの象徴である高炉を運営する国内企業は、新日鉄住金、JFEHD、神戸製鋼、日新製鋼の4社だが、日新製鋼が新日鉄住金グループに入ったことで、神戸製鋼は国内最小の高炉メーカーになった。今年の11月からは高炉1基休止し、2基体制に移行した。 アルミ板を薄く延ばす圧延品では、UACJに次ぐ国内2位である。ただし、13年10月に古河スカイと住友軽金属工業が統合して誕生したUACJは、米国における自動車用アルミニウム構造材および各種アルミニウム部品製造販売会社を買収するなど規模を拡大し、神戸製鋼の先をいく。そのUACJにしても、世界トップを競う米国勢のアルコアとノベリスに大きく引き離されている。アルコアの売上高は約2兆5000億円、ノベリスは1兆円である。 神戸製鋼も自動車向けなどアルミ板事業の拡大に向けて米国での生産設備増強を決定するとともに、ノベリスとは韓国で合弁会社を設立するなどの動きを見せいているが、世界大手との差は大きい。 油圧ショベルなどの建設機械にしても神戸製鋼の売上高3103億円に対し、世界トップ級のコマツはその5倍規模である。 電力事業では、すでに大型原子力発電1基を上回る発電規模を誇り、着手したプロジェクトなどが完成すれば、大型原発4基相当の発電規模になる。ただし、その電力のほとんどは関西電力への供給であり、あくまでもサイドビジネスという位置づけだ。 今年7月末には、新年度に入って業績が上向きに転じたとして、18年3月期通期の予想純利益を300億円から350億円に上方修正していたが、10月末に撤回。状況によっては、3期連続の赤字も避けられないようだ。 今回の不正発覚で、神戸製鋼が失うものはあまりにも大きい。事態の収拾や全容解明にはまだしばらく時間が要することは確実で、その間、経営の屋台骨が大きく傾き、業界再編や事業のバラ売りといった事態を招く恐れもある。
カテゴリー: ニュース

前回から下降「相棒」第3話の視聴率

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
1日に放送された俳優・水谷豊(65)主演のテレビ朝日系ドラマ「相棒 season16」(水曜・後9時)の第3話の平均視聴率が14・2%だったことが2日、分かった。 水谷が警視庁特命係の杉下右京を演じる大人気シリーズの第16弾。冠城亘を演じる反町隆史(43)は「相棒」3年目となる。初回は15・9%でスタート。第2話は16・6%で0・7ポイントアップしたが、今回は2・4ポイントダウンした。 第3話は女優の菊池桃子(49)がゲストで登場。21歳で落馬事故に遭い、現在まで車いす生活を…
カテゴリー: ニュース

評価上昇、麻也のプレミアで見た成長

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
2017-18シーズンより、オランダのVVVフェンロからイングランドのリーズ・ユナイテッドに活動の場を移した。新オーナーを迎え大きく変わろうとしているクラブの中で、私は 「Head of Football Development in Asia」という肩書でプレミアリーグ昇格に向け、チームの強化とアジアのマーケティングを主な仕事として毎日を過ごしている。 昇格を目指しているリーズ・ユナイテッドは、開幕より好調を維持して上位をキープしてきたが、3連敗からリーグ戦の順位を4位まで下げてしまった。首位対決を制し勢いをつけたいところだった第10節のカーディフ戦で完敗(1-3)。続く第12節のシェフィールド・ウェンズデー戦も敗戦(0-3)、第13節レディング(0-1)にも敗れて前半戦の山場といえる状況を迎えている。 第14節ブリストル・シティーには3-0で勝利し、なんとか連敗を3で止めた。上位争いを続けるためには首位との勝ち点差6をこれ以上離されては苦しい。 まずはゴールが奪えない状況を、トーマス・クリスチャンセン監督がどのように改善していくかに注目している。現役時代にバルセロナやスペイン代表でのプレー経験がある彼は、ボールポゼッションを重視するスタイルを好む。 しかしドイツ(ボーフムやハノーファー)でもプレーし、UAE(アルジャジーラ)やキプロス(アポエルやラルナカ)での指導経験もある。これら海外での豊富な経験からのアイディアで、国の文化やクラブの理念にフィットしたスタイルを構築してもらいたい。 変貌する日本代表のスタイルにも通じるものがある。 この点において、今の日本代表にも通じるものがあると私は考えている。 これまでの日本代表は、ボールポゼッションを重要視する攻撃スタイルでチームを強化してきた。だがハリルホジッチ監督を迎え、攻撃ではより速く前線に縦パスを送り、守備では一定のラインを引きそこから力強くプレッシャーをかけてボールを奪い、再び縦に速い攻撃に転じて得点を決めるというプレースタイルへ変わってきた。その結果として苦しい局面も迎えたが、それらをはね除けて予選を勝ち抜いた。 来年6月のロシアW杯での日本代表が、どんなメンバー構成で、どのようなフットボールを見せてくれるのか非常に楽しみである。今後さらに強化が進み、完成度の高いチームを構築し本大会で結果を残してもらいたい。 プレミアとは別の意味で厳しい下部リーグ。 話をリーズに戻すと、まずはケガを抱えた選手達がピッチに戻り、全ての選手がフィットした状態に戻って、戦力として考えられる状況になってもらいたい。イングランド、特にリーズが所属するチャンピオンシップは「縦に速く肉弾戦も多いスタイル」だから、ゲームごとの体力消耗が激しい。 プレミアリーグがハードなリーグであることは承知の通りだが、チャンピオンシップより洗練されたスマートなプレーが展開されている「世界選抜」のようなリーグだともいえる。その意味でチャンピオンシップは、よりイングランドのフットボールを感じることができるリーグなのかもしれない。 また24クラブで構成されているため試合数が多い上に、FAカップ、EFLカップもある。またオランダ、ドイツ、イタリアのようなクリスマス休暇もないため、休むことなくシーズンが続くタフなリーグだといえる。 先を急ぎすぎず3、4位につけるのがベストかも。 そのためコーチングスタッフは、限られた選手達を上手くマネージメントして長丁場を戦い抜くことが求められる。この先も厳しい状況は続くが、確実にプレーオフ進出圏内の6位をキープし、更に順位をあげて終盤戦を迎えたい。まずは第9節までのようにアグレッシブに攻撃してゴールを量産、守備でも安定した戦い方ができるようになることが重要である。 今シーズンから監督をつとめるトーマスのフットボールスタイルがチーム全体に浸透するには、当然時間も必要になる。プレシーズンから開幕当初までプレーしていた昨年のリーグ得点王クリス・ウッドのバーンリーへの突然の移籍などがあり、慌ただしかった。直後には2人のストライカーをドイツ、オランダから補強し戦っている。これが今のリーズ・ユナイテッドの現状である。 その意味では先を急ぎすぎないでリーグ折り返し地点までは3、4位につけるのがベストという考え方もできる。 麻也はイングランド国内での評価も高まっている。 これはVVVフェンロ(オランダ)で経験したことだが、冬のチャンピオンになれば必然的に他のクラブから戦力を引き抜かれることがある。その後は戦力ダウンを強いられてチームを再構築しなければならず、後半戦のスタートにも影響が出てしまい、かなりバタバタしたことがあった。それまでは移籍マーケットを戦力アップの意味合いでしか考えていなかったが、その意識を大きく変える経験をした。 選手の契約に関して、こちらではシーズン中に新たに契約見直しのサインをしたというニュースが流れる。吉田麻也(サウサンプトン)も8月に再契約をしたと報じられた。プレミアリーグにおいて、2度目の契約更新に至った日本人選手は彼が初めてだという。最近の日本代表では、長谷部誠に変わりキャプテンマークを付けてプレーすることもある彼だが、イングランドでの評価も着実に高まっている。 観戦したストーク戦、スーパーボレーは圧巻だった。 先日ストーク・シティー対サウサンプトン戦をスタジアム観戦した。久しぶりにスタジアムで見た麻也のプレーは、とても安定したもので逞しく見えた。ここ数年の彼は、ほんとうに熾烈なポジション争いを続けている。そのなかで勝ち得たスタメン。そのプレーに貫禄も感じられた。同点ゴールとなるスーパーボレーシュートは圧巻だった。 そのような素晴らしいパフォーマンスの彼でも、気が抜けないポジション争いが今後も続く。移籍騒動や怪我でチームへの合流が2カ月以上遅れていた守備の要、ファンダイク(オランダ)はこの日からスタメン復帰となった。 その実力は間違いなく世界最高峰だと一瞬で感じさせてくれるもので、桁違いで際立っていた。 しばらくはこの2人がサウサンプトンのCBとしてスタメンに名を連ねることになるだろうが、バックアップメンバーにはジャック・スティーブンス(イングランド)、ウェズレイ・フート(オランダ代表)ら若くて有望な選手が控えているだけに、一瞬たりとも気は抜けない。クラブは彼らに相当な金額を用意し獲得しているし、彼らをより大きな選手に育てるビジョンもあるからだ。 これだけの活躍、クラブで長年の実績を持つ麻也は、今でも超過激なポジション争いのなかに身をおき、毎日成長を続けている。 タフなクレバーな守備力は代表にも不可欠。 彼を通して、世界にはこれほどスケールの大きなCBが数多くいるのだということを間近に感じることとなった。攻撃陣に目がいきがちな私だが、肉弾戦をとくに好むイングランドスタイルの守備の魅力も感じている。攻守両面でバランスよくゲームを分析し、選手を見極めることが重要であるから、その両面においてとても勉強になる一戦となった。それと共に改めてプレミアリーガーのレベルの高さを感じた。 そのような環境で実績を残している麻也のタフでクレバーな守備力は、日本代表にも不可欠な存在である。チームに安定をもたらす統率力があり、ビルドアップの局面では自信を持ってボールを前に運べる。長短のパスも正確に配給できる。とくにタイミングの良い縦パスは彼の持ち味でもある。またセットプレーでの得点力は厳しい状況を打開する大きな武器となる。 ハリル監督が目指す、力強くて縦に速いプレースタイルにおいて、麻也が中心的な役割を果たすことは間違いない。彼のコンスタントなプレーが日本代表を成功の道に導いてくれるはずだと信じている。
カテゴリー: ニュース

グリエル、ヘルメット脱ぎダルに謝意

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
「ワールドシリーズ・第7戦、ドジャース-アストロズ」(1日、ロサンゼルス) 3勝3敗で迎えた最終戦、ドジャースのダルビッシュ有投手(31)が先発している。初回、第3戦でダルビッシュから本塁打を打った後に、アジア人を差別するような行動をとったグリエルと対戦した際、グリエルがヘルメットを脱ぎ、ダルビッシュに謝意を示した。 2死走者なしの場面で両者は対戦した。ドジャースの本拠地ドジャースタジ…
カテゴリー: ニュース

キム・ハヌル日韓メジャー制覇なるか

MSN ニュース - 2017-11-01 22:18:13
<HITE JINRO Championship 事前情報◇2日◇ブルーヘロン・ゴルフコース(6,736ヤード・パー72)> 日本で唯一の米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」が開催される今週、お隣の韓国ではメジャー「HITE JINRO Championship」が4日間の日程で開催される。 注目は日本ツアーの賞金ランク1位を走るキム・ハヌル(韓国)。先週はオープンウィークとしてリフレッシュして、所属先の今大会へと入った。今季メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」を優勝しており、年間での日韓メジャー制覇もかかっている。今季韓国ツアー初戦となる戦いでどんなプレーを見せてくれるのか。 同じく主催者推薦で出場する横峯さくらにも注目が集まる。出場が決まった際、ブログで「韓国ツアーの試合に出てみたいと思っていたのですごく楽しみです。上位に食い込めるように頑張ってきます!」とコメントしており、自身初となる韓国での戦いに気合いは十分だ。 その他、米ツアーで活躍するチェ・ナヨン(韓国)や韓国で行われた米国ツアー「LPGA ...
カテゴリー: ニュース

英国防相、セクハラ疑惑で辞任 メイ首相の求心力いっそう低下 - 産経ニュース

Google ニュース - 2017-11-01 22:06:38

河北新報

英国防相、セクハラ疑惑で辞任 メイ首相の求心力いっそう低下
産経ニュース
... 【ロンドン=岡部伸】ファロン英国防相は1日、過去のセクハラ疑惑の責任を取り辞任した。英議会では首相の盟友、グリーン筆頭国務相はじめ議員のセクハラ疑惑が次々と表面化しており、メイ首相の求心力はいっそう低下しそうだ。 英メディアによると、ファロン氏はメイ首相に ...
ファロン英国防相が辞任、女性記者への不適切行為が原因かCNN Japan
ファロン国防相辞任 過去のセクハラ問題で毎日新聞
ファロン英国防相、セクハラ疑惑で辞任AFPBB News
NHK -swissinfo.ch
all 8 news articles »Google News
カテゴリー: ニュース

ページ