ニュース

大谷翔平3戦連発 松井秀喜以来日本人2人目 - 日刊スポーツ

Google ニュース - 2018-04-06 23:04:26

時事通信

大谷翔平3戦連発 松井秀喜以来日本人2人目
日刊スポーツ
エンゼルス大谷翔平投手(23)が「8番DH」で先発出場。2回の第1打席で3試合連続本塁打を放った。 2死走者なしで迎えた第1打席。カウント2ボールからの3球目、94マイル(約151キロ)の速球をたたき、打球は中堅にある球場名物の「ロックパイル」に飛び込んだ。 3戦連発は、日本人メジャーリーガーでは2人目 ...
大谷翔平、3戦連続の本塁打 8番指名打者、第1打席で朝日新聞
大谷、3試合連続本塁打!第1打席でいきなり一発スポーツニッポン
「二刀流」大谷翔平が3試合連発の3号産経ニュース
サンケイスポーツ -毎日新聞 -時事通信 -スポーツ報知
all 334 news articles »
カテゴリー: ニュース

障害男性、おりの中で20年以上も生活か 兵庫県警が監禁容疑で捜査へ - 産経ニュース

Google ニュース - 2018-04-06 23:04:00

産経ニュース

障害男性、おりの中で20年以上も生活か 兵庫県警が監禁容疑で捜査へ
産経ニュース
兵庫県三田市で障害のある40代男性が20年以上にわたり、自宅敷地に隣接するプレハブ内のおりで生活を強いられていた疑いがあることが7日、市などへの取材で分かった。市は男性を県内の福祉施設に入所させた。兵庫県警は監禁容疑で慎重に捜査を進める方針。男性に健康被害はないという。 三田市によ ...
40代男性、おりで生活か 兵庫県警が監禁容疑で捜査日本経済新聞
40代男性、おりで生活か 兵庫県警が監禁容疑で捜査西日本新聞
40代男性、おりで生活させられた疑い福井新聞

all 19 news articles »
カテゴリー: ニュース

朴被告の判決、異例の生中継に批判も

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
【ソウル=水野祥】ソウル中央地裁で6日に行われた韓国前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(66)の1審判決は、午後2時10分の開廷から異例のテレビでの生中継が行われた。 大法院(最高裁)が昨年7月に重要事件の1、2審の判決について生中継を認めるよう内部規則を改正してから初のケースとなった。 同地裁が事前に「公共の利益などの事情を考慮した」とし、朴被告の1審判決をテレビで生中継する方針を決定。朴被告側は生中継を一部制限するように要請したが、5日に却下された。 生中継をめぐっ…
カテゴリー: ニュース

「北なのに東西」都構想に不満相次ぐ

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
6日の法定協議会で示された特別区の名称案のうち、第1区を「東西区」とする案をめぐり、早くも不満が相次いでいる。 「東か西か分かりづらい」「『北区』より北にあるのになぜ東西なのか」 名称案が報道された3月下旬以降、大阪維新の会には、支持者らから疑問の声が続々と寄せられ、所属の府議や市議からも再考を求める声が上がったという。 名称案は、簡潔で分かりやすく、大阪城から見た方角や位置を参考にする-との考えを基準に作成。第1区(港、淀川など)を「東西区」▽第2区(北、都島など)を「北区」▽第3区(中央、西など)を「中央区」▽第4区(天王寺、阿倍野など)を「南区」とした。また第1区を「淀川区」や「北区」とする別の案も参考として示された。...
カテゴリー: ニュース

民進江田氏の投稿「禁じ手」と批判

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
民進党の江田憲司元代表代行が、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する報道に絡み、大阪地検が情報をリークしたともとれる内容をツイッターに投稿し、波紋を広げている。 投稿は「大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる」との内容で4日に発信された。NHKの報道を念頭に「ネタ元はメールらしい」「特捜部は『やる気』みたいだが、法務省と財務省の関係からすると、どこまで貫けるか!?頑張れ!」との記述が続き、ネット上で「ネタ元を明かすのは禁じ手」などの批判が巻き起こっている。...
カテゴリー: ニュース

例年の10倍、道路穴だらけで事故激増

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
盛岡への赴任が決まった3月、訪れてみて驚いた。あちこちの道路でボコボコ穴が開いていたからだ。今年は厳しい寒さの影響で特に損傷がひどかったようだ。その原因を調べてみた。
カテゴリー: ニュース

日本存立の危機も、延々と続ける森友

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
東京の桜は3月24日、過去3番目の早さで満開になり、散った。日本を取り巻く情勢も展開が早い。 中国全人代は3月11日、国家主席の任期を2期10年までに制限した規定を撤廃する憲法改正案を圧倒的多数で採択した。これで最高指導者として習近平氏の3期続投が可能となった。 3月18日にはロシア大統領選が行われ、現職のウラジーミル・プーチン氏が通算4回目の当選を果たし、両国はそろって個人による独裁体制を固めた。...
カテゴリー: ニュース

中国で称賛の嵐、日本の空港の質

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
「こういうことはきっと日本でしか起こらない」と、中国人が絶賛した出来事とは・・・(イメージ写真提供:123RF)
カテゴリー: ニュース

トイレに侵入し女児盗撮 男を再逮捕

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
女子トイレに侵入し、スマートフォンで女児(6)を撮影したとして、兵庫県警は6日、建造物侵入と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで、兵庫県姫路市白浜町寺家の無職の男(37)を再逮捕した。容疑を認めている。 再逮捕容疑は4日午後3時20分ごろ、同県稲美町加古の施設内にある女子トイレに侵入し、隣の個室からスマホを差し込み、女児の様子を動画で撮影したとしている。 県警によると、男は犯行直後、この施設内で60代女性の服を引っ張るなどしたとして、暴行容疑で現行犯逮捕された。...
カテゴリー: ニュース

英暗殺未遂、元スパイが危篤状態脱す

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
【ロンドン矢野純一】英国南部ソールズベリーで起きたロシア軍の元情報部門幹部の暗殺未遂事件で、地元病院は6日、意識不明の重体で入院中だった被害者のセルゲイ・スクリパリさん(66)が危篤状態を脱したと発表した。会話が可能かなど、どの程度回復したのかは明らかにしていない。 英国側の二重スパイで露連邦軍参・・・
カテゴリー: ニュース

伊藤友里アナ 一般男性との結婚発表

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
フリーアナウンサー、伊藤友里(30)が7日、自身のブログを更新し、1日に一般男性と結婚したことを発表した。 TBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)などに出演中の伊藤は、「私事で大変恐縮ではありますが、4月1日に入籍いたしましたことをこの場を借りてご報告させていただきます」と報告。お相手について「意志が強く前向きなパートナーが一緒に歩んでくれること、そしてこれまであらゆる形で私と関わってくださり支えてくださった全ての方々に改めて感謝の気持ちを感じながら日々過ごしています」と感謝…
カテゴリー: ニュース

注目される大阪桐蔭の二刀流の本音

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
史上3校目のセンバツ連覇の瞬間、決勝の舞台で完投し、本来、甲子園球場の中心にいるはずの根尾昂の姿がなかった。 最後の打者をファーストゴロに仕留めた際、ベースカバーに入ったため、必然的に歓喜の輪に入り損ねたのである。 それでも根尾は、感情を爆発させていた。 ウイニングボールを掴んだグラブを高々と掲げる。勢いよくベースカバーに入ったことで帽子が飛び、グラウンドに落ちた。それを拾って根尾に手渡した、智辯和歌山のファーストベースコーチ・田中勇也が、「素の根尾」に触れたという。 「根尾は最後まですごかったんで、僕も無意識に帽子を拾っていましたね。スポーツマンシップが出たというか。それで、根尾に『ナイスピッチング!』って言って帽子を渡したら、『ありがとう、ありがとう!』って僕の肩を叩きながら何度も言っていました」 智辯和歌山との決勝戦。センバツ史上36年ぶりの連覇を託されたのは、背番号「6」の根尾だった。4回2死二、三塁から「失投でした」と適時打を許し2点を先行されたものの、失点はこれだけ。140球の完投と、チームに連覇をもたらした。 お立ち台では、すでにいつもの根尾だった。 試合後のお立ち台。インタビュアーが「2年連続での優勝投手は史上初です!」と鼻息を荒くしマイクを向ける。だがこの時はもう、いつもの根尾だった。つとめて冷静に、自身の投球をこう振り返った。 「自分の後ろにエースの柿木(蓮)が控えていたので、全力でいけました。素晴らしいところでいい経験ができました」 投手として、決勝を含め3試合に登板し2完投。26回を投げ26奪三振、防御率1.04と高い能力を見せた。打者としても全試合で5番を担い、18打数9安打の打率5割、8打点と圧巻の打棒を披露。「二刀流」として話題を集める根尾は、周囲の期待に満点で応えた。 「最強世代」と言われた大阪桐蔭において、根尾はチームの象徴だった。 そして、このセンバツは下馬評通り大阪桐蔭の大会だったし、根尾の大会でもあった。 注目されることは「プラスが多いですね」。 2000年生まれ。「ミレニアム世代」と呼ばれる今年の高校生で、根尾ほど脚光を浴びる選手はいない。 中学時代、飛騨高山ボーイズで「最速146キロ右腕」として一躍注目され、高校球界の名門・大阪桐蔭に入学してからも1年夏からベンチ入り。昨年は投手、遊撃手、外野手の“三刀流”として観衆を沸かせ、センバツでは胴上げ投手となるなど春夏連続で甲子園に立った。そして、秋からは高校野球を取り上げる各媒体で、根尾の名が躍る。 ――注目されることについて、自分ではどのように捉えているのか? センバツ期間中、そう尋ねてみると、根尾は考えるそぶりも見せずあっさりと答える。 「注目されていても、自分から全部は見えないんで。だからそういうのはあまり感じていませんし、プレッシャーもありません。注目されている分、むしろ試合では相手がわかりやすくなるというか。警戒されている分、バッターならボール球が多かったり、失投があったりしますし、ピッチャーならボール球で勝負できたり。プラスが多いですね」 相手が意識していることを逆手に。 センバツでの結果が物語るように、根尾の自己分析には納得させられる。 打者として24打席で5四球を選んでおり、失投を見逃さなかったからこそ、打率5割というハイアベレージを叩き出せた。 さらにセンバツでの根尾は、全9安打中6安打がセンターより逆方向だった。この結果についての根尾の見解はこうだ。 「インコースは見せ球が多いですし、ボール球ばかりなので、結果的に外のボールを打っているだけで。そのコースに対しても、しっかり踏み込んで打てているとは思います」 投手として完投した3回戦の明秀日立との試合では9四球を与えており、26回を投げ合計13四死球と、その数はイニングの半分を占めている。それでも、本人にとっては想定内での結果なのだろう。根尾はマウンドでの身上をこのように語っていた。 「ボール先行はしたくないですけど、ストライクを取りにいかずに、とは思っています。腕をしっかりと振って投げることをまず意識して。それができれば、相手にプレッシャーを与えるピッチングができるんで」 西谷監督「どっちが大人なんだろう」 センバツを通じて、根尾は「経験」という言葉を何度も口にしていた。 甲子園出場、全国制覇、周囲の目……その豊富な経験が、根尾に「他のチームよりは経験しているほうなので」と自信を植え付ける。相手は「根尾だ」と意識すればするほど、根尾の術中にはまる。プレッシャーを感じない男が、相手にプレッシャーを与えたわけだ。 監督の西谷浩一は、常に衆目を集めながらも高い次元のパフォーマンスを誇示する根尾について、こう言って舌を巻く。 「気持ちが強いし、冷静ですよね。緊張感をプラスに変えられる選手です。試合などで、僕が『冷静に』と言おうとしても『わかっています』と言いたそうな振る舞いを見せますし、普段から無駄がないんです。時間があれば練習をするし、体のケアもしっかりしますから。いつも考えて行動している子なんですね。話していても、『どっちが大人なんだろう?』と思ってしまうくらいです(笑)」 西谷監督が言ったように、センバツでの根尾は大人だった。 最後の最後に自分を解放。 大会期間中、連日多くの記者に囲まれながらも動揺せず、淡々と質問に答える。それこそ、プロ野球のスター選手のように落ち着き払っていた。そして、試合になれば、自らの信念のもと相手を冷静に見定め、パフォーマンスを最大限に発揮した。 その根尾が、最後に自身を解放した。 チームの至上命題である日本一を果たすまで、抑制し続けてきた感情。センバツ連覇を達成した瞬間、それは、相手チームの選手に「ありがとう!」と連呼するほど爆発した。 「ミレニアム世代」の象徴。根尾の存在はやはり、センバツで突出していた。
カテゴリー: ニュース

ベンゲル、退任に向けた屈辱人事か

MSN ニュース - 2018-04-06 23:00:21
第32節を終了した時点で首位マンチェスター・シティとは33ポイント差。背中すら見えない。4位トッテナムとも13ポイント差。チャンピオンズリーグの出場権も視界から消えた。ヨーロッパリーグではベスト8に進出し、CSKAモスクワとの第1戦で4-1の勝利を収めたが、この先アトレティコ・マドリーと対戦したらひとたまりもない。 アーセナルの2017-18シーズンは終わった。 決して意外な成績ではない。アーセン・ベンゲル監督の慎重すぎる補強プランは、高騰化する一方の移籍市場で後れをとるばかりだった。競合を避けたいがために適正価格でも出し渋った結果、メインターゲットを取り逃がすケースも頻繁に起きている。当然、選手の質は低下していく。 しかも、他クラブに比べると給与の基本設定が低い。今年の冬、マンチェスター・ユナイテッドに去ったアレクシス・サンチェスだけではなく、過去にティエリー・アンリ、アシュリー・コール、ロビン・ファンペルシといった名選手が次々と退団していった理由の1つにも、待遇面の不満が挙げられている。 週給の大幅ダウンを提示されたジャック・ウィルシャーも、シーズン終了後に新天地を求める公算が非常に大きい。 「マネードーピング」対策に後れを取った。 莫大な補強費を有するマンチェスターの2チームはもちろん、アーセナルと同等のリバプールでさえ、移籍市場で積極的な動きを見せている。にも関わらず、ベンゲルは「マネードーピング」と称して天文学的な数字が飛び交う現状を批判する以外に、何の手も打たなかった。クラブを経営するうえで、金銭的な抑制は全面否定できないものの、強化面ではあまりにも消極的すぎた。 さらに、主力のコンディションに委ねるだけのゲームプランも、十年一日のごとしで古臭い。ライバルがユナイテッドとチェルシー、リバプールに限られた時代に通用した手法を、いまだに用いている。 シティのジョゼップ・グアルディオラ、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ両監督は試合ごと、いや試合中でもシステム変更を可能にするチームを創り上げたが、アーセナルは柔軟性を欠いたままだ。 フットボールを取り囲む状況が激変したにもかかわらず、ベンゲルの時計は進んでいない。懸案とされてきた守備的MFとセンターバックの補強を疎かにした事実も含め、永すぎたサイクルの終焉が急速に近づいてきたようだ。 香川らを見出した敏腕スカウトが就任。 2017年11月、20余年にわたるベンゲル体制の終幕に直結するような人事があった。 ボルシア・ドルトムントからズベン・ミズリンタットを引き抜いたのである。 香川真司、ロベルト・レバンドフスキ、ピエール・エメリク・オーバメヤンなどの才能を見いだし、敏腕スカウトとして名を馳せた男が、リクルート部門の責任者に就任した。また2018年2月には、バルセロナからラウール・サンジェイーがやって来た。ネイマール、ルイス・スアレス、トーマス・ベルメーレンなどの獲得に尽力し、移籍交渉においては最高の人材と評価される男が、移籍管理部門のトップに入閣した。 アーセナル着任後、全権を担ってきたベンゲルにとっては屈辱的な人事だ。少なくとも、補強に関する権限は極端に失われる。現場のリクエストは二の次になり、フロント主導の移籍市場戦略が進められる。 シティのように、バルセロナで同じ釜の飯を食ったフェラン・ソリアーノCEO、強化担当部長チキ・ベギリスタイン、グアルディオラの3名が一枚岩であればフロント主導でも問題はないが、アーセナルの場合はベンゲル対ミズリンタット、サンジェイー組のハンディキャップ・タッグマッチである。新たな時代の始まりを意味する人事、と考えられはしないだろうか。 「気力・体力が続く限りは監督業を」 「契約をまっとうする」 「アーセナルを去ったとしても、気力・体力が続く限りは監督業を続けていく。まだ衰えてはいないさ」 ベンゲルのコメントが揺れ始めている。契約が残っている限りはアーセナルに残留する。解雇するのならご自由に。就職先はいくらでもあると、心中はかなり複雑だ。アーセナルの上層部も、クラブ最大の功労者を解雇するのは心苦しい。 サポーターの9割以上がベンゲル退任を訴え、直近2シーズンの不振を踏まえても大きく舵を取るべき時期に来ているのは確かだが、20余年の実績には敬意を示さなくてはならない。双方が納得したうえでの契約解除が、最良の着地点だ。ゼネラルマネジャーとしてベンゲル残留とのプランが浮上する可能性は否定できないものの、フランス人の指揮官が現場から撤退する気持ちがさらさらないことは、先述したコメントでも明らかだ。 マンUのようにモイーズ人選は避けたいが。 こんにちのアーセナルは、ベンゲルによって築かれたものだ。身の振り方はクラブの都合やサポーターの感情ではなく、フットボール史上に名を残す名将のプライドを配慮し、できるだけ彼の意向に沿うものであってほしい。 今シーズン終了後、十中八九ベンゲルは退任する。ミズリンタットとサンジェイーの入閣はその布石であり。彼らを中心に新監督の人選を進めなければならない。5年前、ユナイテッドはサー・アレックス・ファーガソン退任後、デイビッド・モイーズという絶望的にバカげた人選で混乱を招いたが、ベンゲルの後任を慎重、かつ急ピッチに進める作業は簡単ではない。 ミズリンタットの加入に伴い、ドルトムントのトーマス・トゥヘル元監督を招聘する、との噂がまことしやかに囁かれ始めている。しかし、両者は補強プランを巡って対立した過去があり、いまだ和解には至っていないという。 しかも「トゥヘルはパリ・サンジェルマンと合意済み」との情報が聞こえてきた。発信源はバイエルンCEOのカールハインツ・ルンメニゲである。彼らもトゥヘル獲得にはご執心だったのだが……。バイエルンがあきらめたのだから、パリSGは厚待遇を約束したと考えていいだろう。となると、アーセナルは経済力で勝負にならない。 ルイス・エンリケ招聘もありえる? サンジェイーとバルセロナの関係から推察するのなら、ルイス・エンリケの招聘もあり得る話だ。アントニオ・コンテの去就が微妙のチェルシー次期監督の最有力候補とも言われるが、L・エンリケの志向はアクション型だ。チェルシーよりはアーセナルの方が適応しやすいはずだ。 また、リオネル・メッシ、L・スアレスとの権力争いに疲弊したバルセロナとは異なり、アーセナルには政治力を駆使するタイプの選手がいない。ベンゲルが築いたチームカラーを踏まえても、L・エンリケこそが新監督にふさわしい人材とも考えられる。 中心軸から大きな後れをとったいま、アーセナルにはドラスティックな人事が求められている。ベンゲル体制の幕引きはダメージも少なくないとはいえ、現状維持はより大きな混乱とマイナスを招くだけだ。本来あるべきポジションへ──。アーセナルはリ・スタートのタイミングを誤ってはならない。
カテゴリー: ニュース

離島防衛を強化 水陸機動団発足で式典 - テレビ東京

Google ニュース - 2018-04-06 22:58:48

テレビ東京

離島防衛を強化 水陸機動団発足で式典
テレビ東京
... 広告掲載 · よりよい放送をめざして · CSRへのとりくみ · 校外学習のご案内 · データ放送 · Corporate Information · Program Sales. このWEBサイトに掲載されている文章・映像・音声写真等の著作権はテレビ東京およびその他の権利者に帰属しています。 権利者の許諾なく、私的使用の範囲を越 ...
水陸機動団発足で式典、長崎 離島防衛を強化デイリースポーツ

all 3 news articles »
カテゴリー: ニュース

「車から人中心に」 大阪市長、御堂筋の側道歩道化で - 日本経済新聞

Google ニュース - 2018-04-06 22:30:24

日本経済新聞

「車から人中心に」 大阪市長、御堂筋の側道歩道化で
日本経済新聞
大阪市のメインストリート、御堂筋の将来像を巡り、沿道の街づくり3団体が主催するシンポジウムが6日、同市中央区で開かれた。吉村洋文市長は2025年の誘致を目指す国際博覧会(万博)までに側道2車線を歩道として開放する考えを示し「車から人中心に変えていくという方向性を市民と共有し、必ず実現したい」と訴 ...
「大阪市長様へ」米の高校生が動画投稿 何があった?朝日新聞
「東西区」案に批判多数「東か西かわからない」読売新聞

all 4 news articles »
カテゴリー: ニュース

水陸機動団発足で式典、長崎 - ロイター

Google ニュース - 2018-04-06 22:15:57

水陸機動団発足で式典、長崎
ロイター
陸上自衛隊は7日、長崎県佐世保市の相浦駐屯地で、新設された離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の発足式典を開いた。中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島を巡る緊張の高まりを背景に、南西諸島の防衛力を強化するのが狙い。本格的な水陸両用作戦を行う初の部隊で先月下旬に発足した。 水陸機 ...

and more »Google News
カテゴリー: ニュース

ブログ:ベスパへの「無償の愛」貫くパキスタンの愛好家たち - ロイター

Google ニュース - 2018-04-06 22:09:18

ロイター

ブログ:ベスパへの「無償の愛」貫くパキスタンの愛好家たち
ロイター
... [イスラマバード 29日 ロイター] - パキスタンの道路に安価な中国製小型オートバイがあふれる中、年代物のべスパ愛好家は、スペアパーツ探しに駆け回り、過ぎ去りし時代のモデルを保存している。 3月29日、パキスタンの道路に安価な中国製小型オートバイがあふれる中、年代物のべスパ愛好家は、スペア ...
16歳で死刑判決のパキスタン女性、20年ぶり釈放AFPBB News

all 3 news articles »
カテゴリー: ニュース

ブログ:ベスパへの「無償の愛」貫くパキスタンの愛好家たち - ロイター

Google ニュース - 2018-04-06 22:09:18

ロイター

ブログ:ベスパへの「無償の愛」貫くパキスタンの愛好家たち
ロイター
... [イスラマバード 29日 ロイター] - パキスタンの道路に安価な中国製小型オートバイがあふれる中、年代物のべスパ愛好家は、スペアパーツ探しに駆け回り、過ぎ去りし時代のモデルを保存している。 3月29日、パキスタンの道路に安価な中国製小型オートバイがあふれる中、年代物のべスパ愛好家は、スペア ...

and more »
カテゴリー: ニュース

対中貿易戦争「可能性ある」米長官

MSN ニュース - 2018-04-06 21:58:10
【ワシントン時事】ムニューシン米財務長官は6日、米CNBCテレビのインタビューで、米中間で「貿易戦争になる可能性はある」と述べた。全面的な衝突を回避するため中国との協議に応じる姿勢を示す一方、「トランプ大統領は(米国の)利害を守る決意だ」と明言。中国の対応次第で制裁の発動を辞さない構えを強調した。
カテゴリー: ニュース

ページ