フィードアグリゲーター

楽天「魔の7回」を変えたルーキー

MSN ニュース - 2017-04-26 23:20:32
まずはじめに松井稼頭央様、スイッチヒッターとして史上初の2000本安打&200本塁打の達成、誠におめでとうございます!バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!決して大きいとは言えない身体で200本も…
カテゴリー: ニュース

ジダンも逆らえないレアル会長の圧力

MSN ニュース - 2017-04-26 23:20:32
「10人で2-2に追いついたあとはもう少し頭を使ってプレーし、まとまって守らなければならなかった。満足はできない」 「試合を決めるチャンスはあった。それが残念だ」 土壇場の決勝弾に沈んだエル・クラシコの直後、フラッシュインタビューに現れたジネディーヌ・ジダンはいつもと変わらぬ穏やかな表情を保ちながらも、その言葉には悔しさをにじませていた。 メッシの独壇場となった今回のクラシコだが、改めて振り返ってみると両チームともにミスの多い大味な試合だった印象がある。 特にレアル・マドリーは引き分けでも十分な立場にありながら、セルヒオ・ラモスの退場やラストプレーでの失点まで、あまりに多くの隙をライバルに与えすぎた。 しかもこの敗戦は、これまで順風満帆のシーズンを送ってきたレアル・マドリーに少なくない波紋をもたらすことになった。 なぜ故障明けのベイルを先発させたのか……。 原因の1つは、左足ふくらはぎの負傷により39分にピッチを退いたギャレス・ベイルの先発起用だ。 たとえドクターが再発のリスクはないと判断したとしても、ケガ明けでベストコンディションにない彼をスタートから使う必要があったとは思えない。ベンチに置いておき、後半の勝負どころで投入した方がバルサとしても嫌だったはずだ。 しかもネイマールが不在の左サイドにアルカセルを起用しなければならなかったバルサとは違い、レアル・マドリーはベイルの代役探しに困っていたわけではない。 攻守のバランスを重視するならハードワーカーのルーカス・バスケス(彼はベンチにも入れなかった)、スピードと得点力を求めるならアセンシオやモラタ、ポゼッションを高めたいなら絶好調のイスコやハメス。戦略に応じてスターターが務まる選手は他にいくらでもいたのだ。 ペレス会長の圧力に屈してベイルを先発に? にもかかわらず、ジダンは不要なリスクを冒した結果として、前半のうちに貴重な交代枠を1つ失うことになった。それだけでも十分に痛手ながら、ベイルの先発起用は単なる采配ミス以上の“重罪”とまでみなされることになった。 それがジダンの本意ではなく、フロレンティーノ・ペレス会長の圧力に屈しての決断だったと考えられているからだ。 ペレスのスターシステムにおいては、クラシコのような大舞台でチームの顔である「BBC」を外すことなどありえない。中でもベイルは「クリスティアーノ後」のレアル・マドリーの象徴となるべき選手であり、常にピッチに立ち続けなければならない。 ベイルを中心に据えなかったアンチェロッティはクビに。 こうした会長の考えに従えないのであれば、レアル・マドリーで監督を続けることはできない。大げさではなく、実際にペレスはベイルを中心に据えなかったカルロ・アンチェロッティを周囲の反対を押し切ってクビにしている。 アンチェロッティは先日発表した自伝『静かなるリーダーシップ』の中で、ある試合でベイルを途中交代させたことで会長に呼び出しを受け、代理人を通して中央でプレーしたいと訴えてきたベイルの意向を伝えられたエピソードを明かしている。以下はそのくだりだ。 「会長のオフィスへ出向くと、ベイルから電話を受けたという。私は(バレンシアに敗れた)1月4日の試合で彼をベンチに下げていた。ギャレスは中央でのプレーを望んでいると、彼の代理人が不満を伝えてきたらしい。会長はどうするつもりかと聴いてきたが、私は『何も』と答えた。シーズンの半ばにシステムを変えることなどできないからだ。この一件を境に、会長との関係が元に戻ることはなかった」 こうしてアンチェロッティがクラブを去った後、後任に選ばれたラファエル・ベニテスはベイルをトップ下に配置する4-2-3-1でチーム作りを始めた。しかし、ただでさえアンチェロッティの解任に腹を立てていた選手たちは、会長の命令通りにベイルを贔屓するベニテスに不信感を抱き、それが最終的にはシーズン半ばの監督交代をもたらすことになったのだから皮肉なものだ。 ベイルがケガの間だけは自由に選手が選べるが……。 その後チームを引き継いだジダンは、ファンの人気が高いイスコやハメスをベンチに座らせ、チームのためにハードワークできるルーカス・バスケスやカゼミーロを積極起用する納得の選手起用で周囲の信頼を勝ち取っていった。 そんなジダンの下でもBBCだけはアンタッチャブルな存在であり続けたのだが、今季は幸か不幸かベイルが相次ぐケガに悩まされてきたため、これまであまり目立つことがなかった。 そんな中、クラシコでの先発起用は今もレアル・マドリーが歪なヒエラルキーに支配されていることを改めて証明することになったわけだ。 今回の負傷により、ベイルは3週間の離脱を強いられることになった。その間には貯金がなくなったリーガの残る6試合のうち4試合、そしてアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ準決勝2試合が含まれる。 少なくともその間、ジダンは余計なプレッシャーを受けることなく先発メンバーを選ぶことができる。 だがタイトル決定戦となる可能性が高いマラガとのリーガ最終節、そしてチャンピオンズリーグ決勝に勝ち進んだ場合は、再びケガ明けのベイルを巡って会長と世論の板挟みに苦しむことになるのだろう。
カテゴリー: ニュース

歴史と、知性と本能は、今、斬首作戦を促している

西村眞悟!! - 2017-04-26 23:17:57
連日、朝鮮半島緊張の報道が続いている。その報道内容は、例えば本日(27日)の産経新聞朝刊では、「ソウル9000発被弾」、「日本上空VX爆発」の大見出と「北と米韓衝突 最悪のシナリオは?」という中見出しの下に、軍事アナリストによって、北朝鮮の持つ兵器によって、如何なる被害が韓国や我が国に及ぶのかが…

米ユナイテッド航空の施設内で巨大種ウサギ死ぬ、経緯に疑問の声も - ロイター

Google ニュース - 2017-04-26 22:55:00

ロイター

米ユナイテッド航空の施設内で巨大種ウサギ死ぬ、経緯に疑問の声も
ロイター
... [ロンドン 26日 ロイター] - 乗客を引きずりおろすなどの行為で問題となっている米ユナイテッド航空(UAL.N)で、今度はロンドンからシカゴに到着して空港のペット収容施設に入っていた巨大種のウサギが死ぬ事案が発生した。 死んだのは、世界最大サイズでコンチネンタル・ ...
ユナイテッド航空機内で輸送中の大型ウサギ死ぬ 再び非難の声集まるlivedoor
ユナイテッド便で移送の巨大ウサギ、米到着後に死亡が判明CNN Japan

all 5 news articles »Google News
カテゴリー: ニュース

米、NAFTA離脱表明へ 「就任100日目」にも大統領令署名 - 朝日新聞

Google ニュース - 2017-04-26 22:42:00

朝日新聞

米、NAFTA離脱表明へ 「就任100日目」にも大統領令署名
朝日新聞
写真・図版 4月26日、米政府高官は、トランプ大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)離脱の大統領令を出すことを検討していることを明らかにした。写真はトランプ氏。ワシントンで同日撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque). [PR]. [ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米 ...
トランプ氏NAFTA残留を約束、離脱検討の側近発言から一転ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
米・加・メキシコ首脳、NAFTA停止回避で合意=ホワイトハウスロイター
トランプ米政権、「NAFTA脱退」の大統領令を準備かCNN Japan
時事通信 -毎日新聞
all 23 news articles »
カテゴリー: ニュース

歴史の教訓、知性と本能、が促すものは斬首作戦だ

西村眞悟!! - 2017-04-26 22:40:46
連日、朝鮮半島緊張の報道が続いている。その報道内容は、例えば本日(27日)の産経新聞朝刊では、「ソウル9000発被弾」、「日本上空VX爆発」の大見出と「北と米韓衝突 最悪のシナリオは?」という中見出しの下に、軍事アナリストによって、北朝鮮の持つ兵器によって、如何なる被害が韓国や我が国に及ぶのかが…

北朝鮮GSに給油待ちの車列「1km」

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
【大連(中国遼寧省)=中川孝之】中国中央テレビは26日、北朝鮮の首都平壌で19日からガソリンスタンドの営業停止が広がり、営業中のスタンドに給油待ちの車列ができるほど深刻なガソリン不足に陥っていると伝えた。理由は不明だが、スタンド従業員は「外交官ナンバーのプレートを付けた車でなければガソリンを提供できない」と説明しているという。ガソリン購入チケットの価格は、1週間で約90元(約1449円)から160…
カテゴリー: ニュース

核の土産持ってくんな、20歳の原点

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
■地元FMのパーソナリティーを務める福島大3年生 上石美咲さん(20)
カテゴリー: ニュース

明治政府と密約、フリーメイソンとは

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
「あの歴史上の人物は、実はフリーメイソン会員だった」。こんな噂を一度は聞いたことがありませんか? 超常現象・オカルト分野を30年間取材し続ける専門記者に、300年に及ぶ歴史をもつ秘密結社「フリーメイソン」について、聞きました。あの人もこの人も、会員だった、という話から、最後は民主主義社会の成り立
カテゴリー: ニュース

安倍首相、午後にプーチン氏と会談へ

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
安倍晋三首相は27日午前、ロシア訪問に向け、政府専用機で羽田空港を出発した。午後にモスクワ入りし、プーチン大統領と会談。北方領土問題をめぐって昨年12月の首脳会談で協議入りを決めた共同経済活動について、具体的な進展を目指す。北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐっても意見を交わす。 出発に先立ち、首相は同空港で記者団に「昨年12月の長門会談の成果の上に平和条約交渉を着実に前進させていきたい。4島での共同経済活動、元島民の自由な墓参の実現に大きな一歩をしるしたい」と強調。「緊迫する北朝鮮情勢、シリア情勢について率直に意見交換を行い、連携して取り組んでいく」とも述べた。
カテゴリー: ニュース

北朝鮮圧力強化、米政権が異例の説明

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
【ワシントン=加納宏幸】トランプ米政権は26日、ホワイトハウスに上院議員100人全員を招き、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への経済制裁などの圧力強化を通じて核放棄を求めていくと説明した。会議は非公開で、トランプ氏も冒頭で発言した。全ての上院議員を対象にした会合を開くのは異例だ。 ティラーソン国務長官、マティス国防長官、コーツ国家情報長官、米軍のダンフォード統合参謀本部議長が北朝鮮政策を説明。下院でも同様の会合を開いた。...
カテゴリー: ニュース

タカタ、新旧分離型の法的整理も

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
(Bloomberg) -- エアバッグ問題から再建を目指しているタカタが新旧分離型の法的整理案を検討していると日本経済新聞が報じた。東京証券取引所は報道の真偽確認のため、タカタ株の取引を一時停止した。
カテゴリー: ニュース

クボタ、約2億4000万円の所得隠し

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
大手産業機械メーカー「クボタ」(大阪市)が大阪国税局の税務調査を受け、2015年12月までの2決算期で、約10億3千万円の申告漏れを指摘されたことがわかった。このうち約2億4千万円は重加算税の対象となる所得隠しと認定された。追徴税額は約4億2千万円で、同社は修正申告し、納税したという。
カテゴリー: ニュース

コンサルタント丸投げで会社崩壊も

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
筆者は講演会などを通じ、会社経営者から「どのように経営方針を定めればよいか」といった相談を受ける機会が頻繁にあります。話を伺うと、大企業では、経営コンサルタンティング会社と契約して経営戦略を作成してもらい、それを基に経営を進めていくところが多いようです。それはそれで、1つの方法であろうかと思いますが、経営コンサルティング会社から出てきた経営戦略をそのまま行った場合、大抵は失敗するように思います。 大阪で活躍していた外資系のコンサルタンティング会社と契約をしていた数社の大企業が「少しも当たらないじゃないか」「役に立たないではないか」ということで、悪評が立ったことがあります。 しかし、これは経営コンサルティング会社の責任とはいえません。経営コンサルタントの使い方を承知していなかった経営者、社長の責任であるということです。 コンサル会社を使うこと自体は良いこと 筆者は経営コンサルティング会社を使うことは良いことだと思います。コンサルタントを活用するのは、松下幸之助が繰り返し語っていた「衆知を集める」という観点からみても悪いことではありません。しかし、その経営コンサルティング会社の出してきた報告書、結果を、あたかも神を信じるがごとく、そのまま、自社の経営戦略に組み込んでしまう会社が多いのが実情です。これは愚かなことです。経営者でありながら経営を知らない。まさに経営者として失格と言わざるをえません。 ...
カテゴリー: ニュース

日本最大ホビー店、突然閉店した理由

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
秋葉原の象徴的存在であった店舗がまた1つ姿を消した。 かつて「日本最大のホビー専門店」として全国的に知られていた「ラオックス秋葉原アソビットシティ」(AsoBitCity)が3月31日に閉店し、15年の歴史に幕を下ろすことになったのだ。 絶大な人気を誇った店舗の「突然の閉店…
カテゴリー: ニュース

ルネサス、公募増資については否定

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
[東京 27日 ロイター] - ルネサスエレクトロニクス(6723.T)は27日、株主の株式売却と、同社の公募増資実施の報道について、同社が発表したものではなく、「株式を売却するか否かは当該株主の判断であり、コメントする立場にない」とし、現時点で公募増資について具体的には検討していないと文書で発表した。
カテゴリー: ニュース

NAFTA離脱、米大統領令の草案検討

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
[ワシントン 26日 ロイター] - 米政府高官は26日、トランプ大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)離脱の大統領令を出すことを検討していることを明らかにした。NAFTAの再交渉を前にカナダやメキシコとの緊張が高まる可能性がある。トランプ大統領のNAFTA離脱検討は、正午前に米政治専門メディア「ポリティコ」が報道。金融市場に動揺が走り、メキシコ、カナダの株・通貨が下落した。トランプ大統領はかねてメキシコとカナダと共に構成するNAFTAが米国内の雇用を奪っていると批判し、米国に有利な条件で合意できなければ離脱するとしていた。ただ1月の大統領就任後に早速、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を打ち出す一方で、NAFTAについては具体的な動きはみせていなかった。検討中とされるNAFTA離脱の大統領令案の詳しい内容は現時点で不明。8月にNAFTA再交渉を想定していたメキシコは対応を速める必要を迫られる。メキシコ政府は、NAFTA離脱の米大統領令に関する報道に沈黙。ビデガライ外相は、悪しき協定を受け入れるくらいなら交渉のテーブルから離れると述べた。トランプ大統領が最近木材などの貿易で批判を強めているカナダは、NAFTA再交渉を巡る協議を始める用意があると表明。外務省報道官は「再交渉を巡る協議は現時点では始まっていないが、カナダはいつでも交渉の席に着く用意がある」と述べた。<米国への影響も大きく>国内雇用の保護など、トランプ大統領の米国第一主義に根ざしたNAFTA離脱方針だが、米国に跳ね返ってくる影響も大きい。実質ゼロ関税やメキシコの安い人件費の恩恵を享受している自動車産業などの収益を圧迫するほか、メキシコへの輸出を大きな収入源とする農家にも打撃となる。今回の動きを受けシカゴのトウモロコシ先物(CN7)は下落。米トウモロコシ生産者団体は「トランプ大統領。あなたの当選を支援したのは米国のトウモロコシ生産家だ。NAFTAからの離脱は米国農業にとって惨事だ」とする声明を発表した。カナダロイヤル銀行のエコノミスト、ポール・ファーレー氏は、NAFTAからの完全離脱は、NAFTAからの恩恵を失うことを意味すると指摘した。*内容を追加します。(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
カテゴリー: ニュース

ICの代わりに手をかざす時代がくる?

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
「ボーっとしていて、改札機で社員証をかざしてしまった……」 皆さんの中に、そんな恥ずかしい経験をしたことがある人はいないだろうか。 非接触型ICカードが登場してから、駅の改札機やビルの入退館ゲート、執務室の出入口などに、私たちは1日に何度もカードをかざすようになった。急いでいたり、慌てていたりすると、カードを間違えることもあるし、何よりカードをバッグから取り出すのが面倒だ。 しかし、これからはカードではなく「手」をかざしてゲートを通り抜ける――そんな行為が当たり前になるかもしれない。日立製作所(日立)が今、東京・大森にあるオフィスで、指静脈による認証で入退館ができるゲートを設置し、社員700人ほどで実証実験を行っているという。改札機と同等の応答速度を目指すとのことだが、実際のところはどうなのか。大森に向かい、実機が動いている様子を見てきた。●手をかざせば、0.3秒で認証が終わる世界...
カテゴリー: ニュース

カメラマン惚れ込んだ「今年の桜」

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
ライトアップ「されない」桜並木。雨の日のお花見会場。普段とはちょっと違う桜の風景があります。カメラマンが惚れ込んだ「今年のサクラ」を紹介します。(朝日新聞大阪本社映像報道部・内田光) 【画像】桜トンネル・花いかだ…カメラマンが惚れ込んだ撮影スポット7選 雨粒に映りこむ桜 花見客のいな
カテゴリー: ニュース

亡命者語る、日本が美しく見えるワケ

MSN ニュース - 2017-04-26 22:15:33
◆亡命中国人漫画家・辣椒(ラージャオ)「私はなぜ祖国に捨てられたのか」VOL.2 私は2017年1月、初の著書となる『マンガで読む嘘つき中国共産党』(新潮社)を出版した。おかげさまで大好評となり、2月28日にはトークショーとサイン会を開催して頂くこととなった。 東京大学の阿古…
カテゴリー: ニュース

ページ