フィードアグリゲーター

本田 実質A代表への「絶縁状」か

MSN ニュース - 11時間 8分
サッカー日本代表MF本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=がカンボジア代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任することが12日、発表された。契約期間は2年。肩書は「Head of delegation(代表チームトップ)」。本田はこの日カンボジアで行われた記者会見で「こういう契約は世界のどこをみても初めてだと思う」とコメント。9月10日のホームでの親善試合(対マレーシア代表)でベンチ入りすることが決まっている。 本田側が慈善事業などでパイプのあったカンボジア協会に提案。ルール上は問題ないことを確認した上で、仰天契約実現となった。 本田は日本のA代表引退を示唆しているが、日本協会の田嶋幸三会長は「森保監督が必要というなら、日本協会は全力をあげて招集にむけて交渉する」としていた。 A代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(49)にとっては寝耳に水。森保監督のA代表初陣となるキリンチャレンジ杯・チリ戦(11日・札幌)はもちろん、今後A代表の招集には応じない-という本田の意思表示に他ならない。 ...
カテゴリー: ニュース

英国会議事堂近くで車衝突、けが人複数 運転手を拘束 - 朝日新聞

Google ニュース - 12時間 54秒

朝日新聞

英国会議事堂近くで車衝突、けが人複数 運転手を拘束
朝日新聞
14日午前7時37分(日本時間午後3時37分)ごろ、ロンドン中心部の英国会議事堂の近くで、乗用車が複数の通行人らをはね、議事堂前の防護柵にぶつかった。ロンドン救急サービスなどによると、3人がけがをしたが、命にかかわるようなけがを負った人はいないという。英警察 ...
英国会議事堂前で車が突っ込み2人負傷、男1人を逮捕ロイター
英議会議事堂前に車突入=男を拘束、テロで捜査時事通信
英国会議事堂の柵に車突入 テロとみて捜査を開始livedoor
東京新聞 -読売新聞
all 82 news articles »
カテゴリー: ニュース

豪雨被害、昭和の名車9台を修復へ

MSN ニュース - 12時間 15分
1959年式のダイハツ・オート三輪車、71年式のスズキ・フロンテ--。西日本豪雨で水没した昭和の名車9台を復活させようと、兵庫県姫路市の日本工科大学校で自動車整備を学ぶ学生3人と教官が修理に奮闘している。 堤防が決壊した岡山県倉敷市真備(まび)町地区にある施設「マビ昭和館」のコレクション。同館は1・・・
カテゴリー: ニュース

逃走事件が生活に影響、イベント中止

MSN ニュース - 12時間 15分
大阪府警富田林署から男が逃走した事件に絡み、市内の保育園で予定されていたイベントが中止されたことが14日分かった。若い女性を狙った強制性交事件などで逮捕、起訴された樋田淳也容疑者が同署を逃げ出してから一昼夜が過ぎ、市民生活に引き続き影響が出ている。 同市によると、2つの市立保育園で14日に実施するはずだった「園庭開放」の中止が決まった。入園していない子供や親、地域住民らに各園を実体験してもらうイベント。市立保育園については週に1、2度のペースで開催されている。 市は樋田容疑者が逃走した12日夜以降、市立保育園に対し、保育活動をすべて屋内で行うよう指示。このため、園庭開放についても中止することとした。 府警は14日も、約3千人の警察官を動員し、富田林市周辺を警戒。樋田容疑者の行方を捜している。
カテゴリー: ニュース

掘った穴から出られず、仏砂浜で水死

MSN ニュース - 12時間 15分
【AFP=時事】フランス西部ノワールムーティエ(Nourmoutier)島で12日、海辺の砂浜に自ら掘った穴に入った男性(21)が満潮時に穴から出られなくなり水死する事故があった。 事故があったのは仏本土に近接したノワールムーティエ島の南部バルバトル(Barbatre)のビーチ。地元検察によると、男性は砂浜に自分が中に立てるほどの深さの穴を掘って中に入った、だが、潮が満ちてきて出ようとしたが出られずにいるうちに、穴は完全に海水に漬かってしまった。 家族が男性を穴から引き上げ、現場に到着した救急隊員が蘇生を試みたが、既に手遅れだったという。 フランスは現在、夏季休暇シーズンのピークで、国内各地のビーチは大勢の人々でにぎわっている。【翻訳編集】AFPBB News
カテゴリー: ニュース

世界の住みやすい都市、大阪が3位に

MSN ニュース - 12時間 15分
【AFP=時事】英誌エコノミスト(Economist)の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が13日に発表した恒例の「世界の最も住みやすい都市」ランキングで、オーストリアの首都ウィーンが首位に輝いた。このランキングで欧州の都市が1位を獲得したのは初めて。これまで7年連続で首位を保ってきたオーストラリアのメルボルンは2位に順位を下げた。 EIUのランキングは毎年世界140都市について、生活水準、犯罪率、交通インフラ、教育機会、医療に加え、政治・経済の安定度といった要素に鑑み、100点中何点かを採点。 ウィーンは「ほぼ満点」の99.1点。2位のメルボルンは98.4点で、大阪が3位にランクインした。東京はカナダのトロントと並んで7位だった。 トップ10入りした都市が多かった国は、メルボルンに加えシドニー(5位)、アデレード(Adelaide、10位)の3都市が選ばれたオーストラリアと、カルガリー(4位)、バンクーバー(6位)、トロント(7位タイ)のやはり3都市がランクインのカナダだった。 欧州からウィーン以外で10位以内に入ったのは、デンマークのコペンハーゲン(9位)のみだった。 EIUは、「上位に入るのは富裕国の中規模都市が多い」とする一方で、フランスのパリ19位、英ロンドン48位、米ニューヨーク57位と金融中心都市が振るわなかったのは、犯罪率の高さとインフラの過密状態が要因にあると分析している。 ランキング最下につけ、世界で最も住みにくい都市とされたのは、最下位から順にシリアの首都ダマスカス、バングラデシュの首都ダッカ、ナイジェリアのラゴス、パキスタンのカラチ、パプアニューギニアの首都ポートモレスビーだった。【翻訳編集】AFPBB News
カテゴリー: ニュース

104歳の元乗組員が語る 戦艦「大和」

MSN ニュース - 12時間 15分
深井俊之助氏は、大正3年生まれの104歳。部屋の中を杖もつかずに歩き、座る姿勢は背筋がピンと伸び、驚くべき記憶力で理路整然と語る。 深井氏は戦前、海軍の通信技術者だった父親の影響から海軍兵学校に入り、終戦まで戦艦乗組員として活動した。そして、いくつかの艦を乗り継ぎ、昭和19年3月、少佐として世界最大と謳われた戦艦「大和」の副砲長を命じられた。 深井氏がその当時を振り返る。 「『大和』は遠くから見るものであって、自分が乗るものとは思ってもいなかった。いざ乗船してみると、その大きさに驚くばかり。なかは迷路のようで、艦の後方に行くとどこにいるのかわからなくなるので、そんなときは階段を上って甲板に出て、艦橋を見上げて確認しました。 艦内は冷暖房完備。艦橋はビルのような高さでしたが、士官や伝令などはエレベータを利用できた。副砲長は艦の序列では上から5番目です。『大和』の乗員約3300名のうち250名が私の部下でした。 進路の指示をした時は足が震えるほどの緊張を感じました。漁船をよけようと思って『取舵15度』と指示しても、艦が大きいから全然曲がらない。いざ曲がり出して舵を戻しても、今度は元に戻せない。どうしようかと思いましたよ。 『大和』は間違いなく世界一の艦だったと思います。今後、これ以上の艦は建造し得ないと思っていたし、当時のすべての米艦船より優れていた。 主砲の46cm砲はいうまでもなく世界一ですが、私が指揮した15.5cm副砲も優れていた。砲弾の初速は毎秒920mと世界最高クラスで、命中精度も極めて高かった。 待遇でも『大和』は優遇されていました。士官の夕食は洋食のフルコースで、ステーキも出た。アイスクリームを食べられるのは『大和』だけで、他の船からも“大和ホテル”だと言ってアイスクリームを食べに来る乗組員がいたほどです」(深井氏、以下「」内同) 深井氏は「アイスを食べよう」と言い出し、頬張りながらの取材となった。話はいよいよ「大和」の戦いに及んだ。 「昭和19年10月25日の朝、フィリピンのレイテ島に向かう途上で米空母部隊を発見し、戦闘になったとき、駆逐艦が突進してきて煙幕を張り始めた。こういう補助艦艇をつぶして、目標が見えるようにするのが私の仕事でした。 一隻目を撃ったんだけど、やっぱり、緊張してるんだね、当たらない。そこで、『600m下げろ』と。距離9000mで撃っているのを8400mにしろといって撃ったが、当たらない。すると、この600mの間に敵艦があることは分かる。これは法則通りで、今度は『300m上げろ』と徐々に詰めて、4発目で当たった。次の駆逐艦も3発目で当たった。 一発当たるたびに、艦内ではわーっと歓声が上がった。あれは痛快だったね。男冥利に尽きます。 『大和』の砲弾は空母『ガンビア・ベイ』にも当たりました。これは商船を改装した護衛空母で、装甲が薄かったので、『大和』の高速な砲弾は船体に当たっても爆発せず、貫通してしまったほどです。そのまま『ガンビア・ベイ』の横を通過しましたが、敵兵は撃ちませんでした。彼らは救助に一生懸命で、こっちもそんな手負いの船を撃ったってしょうがないと思って見逃しました」 ●聞き手/井上和彦(ジャーナリスト) ※週刊ポスト2018年8月17・24日号
カテゴリー: ニュース

実は昔だって暑かった、文豪が嘆き

MSN ニュース - 12時間 15分
全国的に猛暑が続いている。ニュースでは連日「ためらわず冷房を使いましょう」と呼びかけられ、熱中症の危険性と対策の周知徹底が図られている。このような状況にあっても、まだ「昔は冷房など使わなかった」「昔は熱…
カテゴリー: ニュース

プールで盗撮や痴漢が急増、防ぐには

MSN ニュース - 12時間 15分
「またアイツが来てます……。周囲警戒して」 連日の酷暑で大盛況の関東某市の市民プール。休日だったこの日は入場規制がかけられるほどの来場者があり、プール監視員も平日より増員されていたが、ただでさえ忙しい彼らの手を煩わせるのは、プール内で様々な迷惑行為を働く連中である。監視員たちは…
カテゴリー: ニュース

ねぶた 駐車代6万5000円支払いの人も

MSN ニュース - 12時間 15分
青森市で2~7日に開かれた青森ねぶた祭の期間中、駐車料金を普段の16倍超にあたる1時間5千円に設定したコインパーキングがあった問題で、期間中に76人が高額の駐車料金を支払っていたことがわかった。駐車場の運営会社「パラカ」(東京)が13日発表した。
カテゴリー: ニュース

台風で大雨の恐れ、Uターンに影響か

MSN ニュース - 12時間 15分
台風15号は九州に上陸の恐れ。15日朝にかけて九州は暴風、高波、土砂災害に注意、警戒。16日は前線の活動が活発になり北海道や本州付近も広く大雨の恐れ。 ●台風15号 九州に上陸か 台風15号は15日朝にかけて九州に接近、上陸する予想です。台風の本体の雨雲や強風域は比較的小さいため、台風の接近に伴って、風や雨が急激に強まる恐れがあります。 九州は14日夜から15日朝は非常に強い風が吹き、海上はうねりを伴ってしけるでしょう。大気の状態が非常に不安定になり、15日の未明にかけて、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みです。台風が過ぎた後も九州や四国には湿った空気の流れ込みが続くため、雨量が多くなる可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意、警戒して下さい。 ●前線の活動活発化 16日から17日にかけて、日本列島を前線が南下するでしょう。前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化する見込みです。北海道や東北は広く雨で、特に東北の日本海側を中心に非常に激しい雨が降り、年に何度もないような大雨となる恐れがあります。大雨による災害に警戒が必要です。道路が冠水してしまったり、列車などの運行に影響のでる可能性もあります。Uターンなどの際は交通情報にもご注意下さい。北陸や東海から九州も雨で、活発な雨雲がかかるでしょう。北陸や東海、近畿では雨量が多くなる所がありそうです。関東も17日の午前中は雨脚の強まる所があるでしょう。
カテゴリー: ニュース

川で流されたか、中学生男子が死亡

MSN ニュース - 12時間 15分
14日午後1時45分ごろ、愛知県新城市庭野の豊川で、「子どもがいなくなった」と110番通報があった。川で遊んでいた中学生の男子(14)が流されたとみられ、警察と消防で捜索したところ、約1時間半後に遊んでいた場所からほど近い下流の水中から発見され、その後、死亡が確認された。
カテゴリー: ニュース

ダム遺体 SNSでストーカー被害訴え

MSN ニュース - 12時間 15分
兵庫県加古川市の権現(ごんげん)ダムで衣装ケースに入った女性の遺体が見つかった事件で、女性が死亡直前に見知らぬ男からストーカー被害を受けているとツイッターで訴えていたことが13日、関係者への取材で分かった。兵庫県警は女性と接点のあった不審な人物について洗い出しを進めている。 遺体は大阪市淀川区の小西優香さん(20)。11日午前、ダム湖の岸から数メートルで、透明のプラスチック製衣装ケースに押し込まれた状態で発見された。これまでの調べでは、顔には鬱血したような痕があり、何者かに首を絞められた上で10日午後に死亡した疑いがある。県警は13日夜、小西さんの自宅マンションを現場検証した。 関係者によると、小西さんのツイッターへの書き込みがあったのは、遺体で発見される5日前の今月6日。見知らぬ男から公共交通機関の車内で直視されたり、エスカレーターで背後からすぐそばに接近されたりしたと訴えていた。 知人らによると、小西さんは三重県松阪市出身。ホステスとして自宅近くの大阪・十三(じゅうそう)の繁華街にあるキャバクラ店で勤務し、その後、約3キロ離れた梅田の高級店に移った。死亡直前の9日にも十三で友人らと一緒にいる姿が目撃されており、40代の知人男性は小西さんについて「客に好かれるタイプだった。若いのに残念だ」と悼んだ。 ...
カテゴリー: ニュース

林道遺体、1日に車で出掛け帰らず

MSN ニュース - 12時間 15分
新潟県十日町市の林道で女性の他殺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、十日町署捜査本部は14日、遺体は新潟市中央区の職業不詳、谷愛美(まなみ)さん(24)と判明したと発表した。足取りや交友関係などについて調べている。 事件は11日午後4時20分ごろ、十日町市伊達の林道をバイクで走行中の男性が一部白骨化した遺体を発見。県警は12日に殺人・死体遺棄事件と断定、捜査本部を設置した。 捜査本部によると、谷さんは1日、父親に外出することを伝え、自家用の軽自動車で出掛けた。その後、「遅くなるかも」と連絡があったが、4日まで帰宅しないことから父親が新潟署に届け出た。谷さんの軽自動車は9日、新潟市内の商業施設で見つかった。 捜査関係者によると、遺体の背中に刺さったままだった刃物は包丁だったことが判明。遺体は死後10日前後経過しており、現場の形跡などから殺害された後、短期間で現場まで運ばれ、遺棄された可能性が高い。発見される数日前に遺棄されたとみられる。
カテゴリー: ニュース

ページ