さかみたまつるき!!

さらに総選挙の原点を点検する

西村眞悟!! - 2017-10-16 20:27:25
安倍総理は、九月二十五日夕刻、記者会見して次の通り言った。  北朝鮮の脅威に対し、  国民の命と平和な暮らしを守り抜く。  この国難とも呼ぶべき問題を  私は全身全霊を傾けて突破してゆく。これが、この度の総選挙の起点である。では、この「北朝鮮の脅威」即ち「国難とも呼ぶべき問題」とは具体的に何か……

「さらに国難突破の大義を語り尽くせ」

西村眞悟!! - 2017-10-14 23:02:08
総選挙の後半に入り、何度でも言う。国難克服を語り尽くせ、と!日本を信じ、日本国民を信じて、国難を語れ、と。そもそもこの総選挙の基点は、九月十九日と二十日の、ニューヨークの国連におけるトランプアメリカ大統領と安倍内閣総理大臣の日米両首脳による「日米同盟による国際的危機克服」の演説である。トランプ大…

二十五年目ぶりの朝、総選挙を斬る

西村眞悟!! - 2017-10-11 04:35:56
まず、本日の感慨を述べさせていただきたい。衆議院総選挙公示日に立候補せずに朝を迎えたのは、この二十五年間で初めてだ。「利」を求めて走るネズミの群れを眺めてから迎えるこの朝、仁徳天皇御陵に参って、皇国の弥栄と天皇皇后両陛下の弥栄を祈り、まことに、爽快な感がする。何故なら、不肖西村が、今、与えられた…

今こそ総選挙の大義を語る秋

西村眞悟!! - 2017-10-07 01:36:12
この度の総選挙で各党は何を訴えるているのか。共産党や民進党から流れ出た立憲民主党とかいうのや社民は、訴えを聞かなくとも、彼らの面を見れば分かる。反安保、護憲、地方分権だ。そして昨日、小池百合子氏率いる「希望の党」の政策が発表された。発表したのは、もちろん、キャスターの小池百合子氏だ。アベノミクス…

安倍政権の歴史的使命と小池百合子という現象

西村眞悟!! - 2017-10-02 23:11:55
『月刊日本』誌より依頼されて書いた一文を次の通り掲載いたします。ご一読いただければ幸甚です。                    記 本誌(月刊日本)から、安倍政権の五年間の総括と小池百合子の特集をするに当たり、私に小池百合子という人物(以下、敬称を省き、小池、という)について書かれたしとの連…

連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)「第八十四回 丹後国風土記」

南出喜久治 - 2017-09-30 22:42:25
ながえのや にじのゆみひく ゆんでには みすまるのたま かかやきにけり
(長柄の矢虹の弓引く弓手には御統の玉輝きにけり)
うみのはで あめたちのぼり めぐりみつ あめはあまなり うみもあまなり
(海の端で天立ち昇り巡り満つ天は「あま」なり海も「あま」なり)

 いにしへ人の心を受け継ぐことは、歴史や伝統を理解して修理固成(をさめつくりかためなせ)の御神勅を実践するために必要なことです。
 そのためには、古事記、日本書紀を読むことから始めて、さらに、それが一段落すれば、風土記や全国の神社の縁起などに接することがよいと思ひます。

 風土記の中では、出雲国風土記は圧巻ですが、それ以外の風土記も読んで行くと面白い発見があるはずです。逸文になつてしまつたものもありますが、古事記、日本書紀との伝承の違ひについていろいろと思ひを巡らすことも楽しいものです。

 京都の北にある丹後にも、逸文ではありますが、丹後国風土記があります。
 この丹後国風土記には、浦嶋伝説や羽衣伝説の原型の物語があり、さらに、丹後には、天橋立伝説もあります。・・・


つづきはこちらです:-
http://kokutaigoji.com/suggest02/sg_saishi02_h291001.html

あっぱれなり、国難突破解散

西村眞悟!! - 2017-09-26 02:31:05
安倍総理は、二十五日、国難突破!のため、二十八日に衆議院を解散し、十月二十二日投票の衆議院総選挙を実施することを表明した。さすがである!まことに厳しい現在の我が国を取り巻く内外の情勢を見渡せば、それは、まさに「国難」であり、その「国難」を突破するためには、突破に向かう安倍内閣に対する国民の理解と…

義を明らかにして私を計らず

西村眞悟!! - 2017-09-25 04:00:58
国を憂うる皆様、この度の、堺市堺区の大阪府議会補欠選挙に立候補した息子、西村日加留に対して頂いたご支援に、心より感謝し、お礼申し上げます。まことに、ありがとうございます。そして、この諸兄姉のご支援は、これからも、日加留の志をさらに育み、我が国における公への奉仕のなかで生かされるものと存じます。さ…

時代はレンジャーを必要としている

西村眞悟!! - 2017-09-21 03:10:40
日米首脳の連携は見事である。アメリカのトランプ大統領は、十九日、国連総会で演説を行い、核ミサイル開発を続け、威嚇的にミサイルを発射する北朝鮮に対して、「完全破壊」の警告を発するとともに、北朝鮮に十三歳の時に拉致された横田めぐみさんのことに触れて、北朝鮮のすさまじい人権侵害を強く非難した。同時に……

国防は最大の福祉

西村眞悟!! - 2017-09-19 00:45:22
数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く、まことに厳しい内外の情勢を見つめれば、この解散は、人知を離れて、つまり、総理と与野党の思惑や……

軍人の視点からの判断

西村眞悟!! - 2017-09-13 03:57:20
昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統領は、明確に軍事によって北朝鮮無力化しようとしていると書いたのだが、織田邦男閣下は、軍人のマティ…

安保理決議は、軍事力行使の手段である

西村眞悟!! - 2017-09-12 02:30:47
国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカのトランプ政権の最終目的は、北朝鮮のアメリカに届く核弾頭ミサイル保有を阻止することである。大統領…

現在只今の危機、平和主義者が戦争を造る

西村眞悟!! - 2017-09-08 21:20:30
九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決めることだ。ところが、我が国の世情は、相手を激しく罵ることによって名を上げた女性議員の不倫報道と…

NPT条約第10条発動の時が来た

西村眞悟!! - 2017-09-05 00:17:51
今、着眼すべきは、核兵器の不拡散に関する条約(NPT条約)第10条  各締約国は、  この条約の対象である事項に関連する異常な事態が、  自国の至高の利益を危うくしていると認める場合には、  その主権を行使して、  この条約から脱退する権利を有する。北朝鮮の八月二十九日のミサイル発射に続く九月三…

世界史の大流が促す北朝鮮と中共の崩壊

西村眞悟!! - 2017-09-02 21:12:40
我らの目の黒いうちに、必ず北朝鮮と中共は崩壊する。これが世界史の大流だ。その大流とは、古代から中世そして近世を経て現在に至る諸国民の自由を求める流れである。この流れから北朝鮮と中共を俯瞰すれば、それらは、共に、古代的もしくは中世的権威主義的暴力的独裁の中に閉じ込められている。従って、その元凶の北…

連載 千座の置き戸(ちくらのおきど)「第八十二回 日本とハワイ」

南出喜久治 - 2017-09-01 00:37:27
アメリカの むごいしうちに アロハオエ なみだでうたふ リリウオカラニ
(亜米利加の惨い仕打ちにアロハオエ涙で歌ふリリウオカラニ)

 陸地の総面積は四国ほどであるが、その海域を含めばその2倍近いハワイ(Hawaii、布哇)は、昔は独立したハワイ王国であつたものの、今は、アメリカ合衆国の第50番目の州となつてゐる。
 そして、我が国でも、日本がアメリカの第51番目の州になつてはどうかといふ議論が敗戦時からあり、最近でも丸山和也参議院議員の不用意な発言があつたりしたが、この議論は、様々な理由から、日米双方に支障があるため今の時点では全く現実味がない。

 なぜなら、それが実現すれば、日本人はそのほぼ全員が異教徒の日系アメリカ人となり、合衆国における日系人の人口比率がハワイとは比較にならないほど劇的に増加して合衆国の政局に大きな影響が出てくる。
 それだけではない。これまでは、アメリカは、政治的にも経済的にも日本を「属国」にしてきたのに、それが、他の州と同格となつて「本国」に昇格させることになることを望んではゐない。・・・

つづきはこちらです:-
http://kokutaigoji.com/suggest02/sg_saishi02_h290901.html

憲法九条がミサイルと拉致を我が国に呼び込んでいる

西村眞悟!! - 2017-08-31 23:16:21
北朝鮮が二十九日の早朝、ミサイルを発射し、北海道上空を通過させ襟裳岬東方約1180キロの太平洋上に落下させた。それから、二十九日と三十日の二日間の報道は、このミサイル発射に関することだらけで、昼のワイドショーにおいてもミサイルの専門家が出てきてやっていたようだ。その報道をほとんど見ていなかったの…

堺から轟く国家再興の号砲

西村眞悟!! - 2017-08-25 01:08:44
改めて、現在の我が国を取り巻くまことに厳し情勢を、概観する。 ロシアは我が国の北方の領土、国後島と択捉島に、最新鋭ミサイル基地を建設した。これが何を意味するか。既に、五十五年前の昭和三十七年十月、ソビエトがキューバにミサイル基地を建設したことを察知したアメリカのケネディ大統領が、ソビエトとの核戦…

堺で亡国の風を断固阻止する

西村眞悟!! - 2017-08-22 02:40:10
八月十五日の英霊が慟哭するが如き雨の靖国神社参拝を終え、八月二十二日を迎えている。そこで本日、目を郷里の堺に転じて諸兄姉にご理解とご協力をお願いしたい。七月二十三日の仙台市長選挙のなんとも情けない結果を思えば、その亡国の流れを堺で止めねばならないからである。仙台と堺は、歴史に符号点がある。十六世…

雨と有事の中の靖国参拝

西村眞悟!! - 2017-08-16 00:39:19
八月十五日の午後三時、沛然と雨が降った。靖国神社の昇殿参拝を控えて眺める明治五年に建てられた拝殿の屋根の両脇から滝のように雨が地上に落ちていた。その雨と拝殿から落ちる滝を眺めていて思った。この雨は、八月に入ってマスコミから湧き上がって蔓延する英霊が誤った戦争の気の毒な犠牲者だという空気を洗い流す…

ページ